« 北海道マラソン2018 | トップページ | 第12回えちご・くびき野100kmマラソン »

2018年9月16日 (日)

2018歴史街道丹後100kmウルトラマラソン

丹後100kmウルトラマラソンに参加。

アミティ丹後をスタートし、京丹後市内を走るアップダウンの厳しいコース。

前日、車で現地入りし、受付を済ませ、車中泊。

しかし、一晩中非常に蒸し暑く、眠ることができなかった。

当日朝、3時頃に会場入りし、スタートの準備。

0002

午前4時30分に約2000人のランナーがスタート。

まだ真っ暗な中をゆっくりと走り始める。

まずは最初の峠越え、七竜峠を目指すが、非常に蒸し暑い。

大量の汗をかきながら、ゆっくりとしたペースで走る。

空が明るくなり、10kmを通過。

昨年は、台風接近で、大会が中止となった。

エントリーしていた昨年の分まで頑張って完走を目指したい。

0006

しかし、全くスピードが上がらない。

朝から予想以上の暑さに苦しめられる。

できるだけ体力の消耗を抑えるよう、無理のないペースで走る。

久美浜湾の景色を眺めながら、ゆっくりと走り続ける。

0007

各エイドでは、しっかりと水分補給をする。

そして、頭から水をかぶり、体を冷やす。

しかし、あまりの暑さで、エイドではかぶり水も順番待ち。

エイドでの給水で、想定以上に時間を取られる。

上り坂では歩きを交えながら復路の七竜峠越え。

0011

この大会は何度も参加しているが、毎回苦しい走りになる。

今日は蒸し暑く、体力の消耗が激しい。

0012

全くスピードが出ないため、完走ギリギリのペース。

50kmを6時間30分ほどで通過。

日差しが強く、とにかく暑い。

エイドでは氷も用意してくれていて、非常にありがたい。

0018

弥栄庁舎、第2関門をクリア。

ここからコース最大の難所、碇高原への登り坂に向かう。

暑さと疲労で意識が朦朧としてきた。

ペースがどんどん落ち、次の関門に間に合わないかもしれない。

なんとか坂を上り、下り坂に入る。

碇高原、第3関門をなんとか通過。

0020

完走を目指し、下り坂を走る。

しかし、思うようにスピードが上がらない。

走る気力が維持できない。

丹後庁舎、第4関門に到着。

0001

関門閉鎖時刻を4分ほどオーバー。

残り15km。

完走するための執念が足りなかった。

« 北海道マラソン2018 | トップページ | 第12回えちご・くびき野100kmマラソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道マラソン2018 | トップページ | 第12回えちご・くびき野100kmマラソン »