« 横浜マラソン2016 | トップページ | とくしまマラソン2016 »

2016年4月17日 (日)

前橋・渋川シティマラソン

群馬県の前橋市と渋川市で開催された、前橋・渋川シティマラソン、フルマラソンに参加。

前日、飛行機に乗るために車で高松空港へ向かうが、

高速道路が事故の影響で一部通行止め、ギリギリ飛行機の出発時間に間に合った。

そして、飛行機と列車を乗り継いで現地入りし、ホテルに宿泊。

当日朝、6時半頃に会場入りし、荷物を預け、スタートの準備。

0001

午前8時、フルマラソンの部がスタート。

フルマラソンの参加者は2,000人ほど。

混雑もなく、スムーズに走り始める。

足の調子を見ながら、ペースを上げすぎないように走る。

心配された雨は降っておらず、なんとか天気は持ちそうだ。

ふ初めて訪れる土地なので、コースはどこをどう走っているのかわからない。

アップダウンのあるコースだが、苦になるほどの厳しさではない。

0005

足の不調は相変わらずで、全くペースは上がらない。

無理はせず、4時間程度での完走を目指す。

県庁所在地での開催だが、かなりローカルな雰囲気。

マイペースでのんびりと走ることができる。

 

中間地点を2時間ほどで通過。

渋川の市街地に入り、少しきつめの上り坂が続く。

27km付近で折り返し、下り坂になる。

少しずつペースを上げるが、足に力が入らない。

4時間半くらいでゴールすれば、帰りの飛行機には余裕で間に合うはず。

足にダメージを残さない走りで完走を目指す。

0006

30kmを過ぎてから、どんどんペースは落ちる。

来週もフルマラソンを走る予定なので、ここで無理をする必要はない。

景色を眺めながら、ゆっくりと走る。

40kmを過ぎ、ゴールのヤマダグリーンドーム前橋が見えてきた。

少し小雨が降り出したが、大した雨ではない。

想定内のタイム、4時間26分ほどでフィニッシュ。

 

タオル、水を受け取り、完走証を受け取る。

そして荷物を受け取るため、グリーンドームへ向かうと、そこには長蛇の列。

どうやら荷物受け取りのために並ぶ列が建物の外まで延々と。

列に並んでから1時間近く、ようやく荷物受け取り場所に到着。

ここで受付のスタッフにゼッケン番号と荷物の特徴を伝えて、スタッフがメモ。

そして、別のスタッフがメモを見て、狭い会議室の中で、目的の荷物を必死で探す。

ゼッケン番号ごとに預ける場所を分けるという方式でもなく、

こんな効率の悪い方法では、時間がかかるはずだ。

しかも、荷物を預けるときは事前に配布されたシールを貼って渡す方式だったが、

簡単にはがれるシールのため、スタッフがシールを荷物にテープで止め、

さらに荷札にゼッケン番号を書いて荷物にくくりつけるという、

他の大会では見られない効率の悪さ。

 

予想外の時間を取られてしまったので、

荷物を受け取り、急いで着替えを済ませ、会場で飲食する時間的余裕もなく、

駅に向かうシャトルバスの乗り場まで走る。

バスに乗っても、なかなか出発せず、車内は暑くて倒れそう。

ようやくバスが発車し、新前橋駅に到着。

0008

高崎駅で新幹線に乗り換え、東京へ向かい、モノレールで羽田空港へ。

ほぼ予定の時間に飛行機に乗り込んだが、なかなか出発しない。

出発準備に時間がかかっているとのことで、50分ほど待たされて、ようやく離陸。

 

とにかく、無事に完走して帰ってくることができて良かった。

« 横浜マラソン2016 | トップページ | とくしまマラソン2016 »

コメント

お疲れ様でした。
大会の天候はひどくなかったのですか?
この日の長野、かすみ は大荒れ模様で大変やったみたいですが写真では
なんかいい感じの天候みたいで。少し雨くらいで
よかったですね~。

しかし、いまどきに そんな 進行の悪い大会運営ってあるんですね・・・(@_@;)

第1回の大会でも、最近は工夫しながら しっかりとやるのに!

いかに、愛媛が洗練されているかあらためて 感動。

帰路の時間にどきどきはらはらで大変やったみたい。
ほんと、ラン以上に 移動おつかれさまです。
よくまにあったもんです。

今日のおじさんさま、
前橋は天候は大丈夫でしたが、加賀温泉マラソンは中止だったみたいです。
大きな施設を使ってるのに、更衣室も荷物預かりも施設の奥の小さな会議室1つだけでした。
次からは改善されるのではないかと思います。
今回は余裕で帰れるかと思ったのに、やっぱりハラハラしながらの帰路でした。
来週は徳島なので、余裕を持って行動できそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜マラソン2016 | トップページ | とくしまマラソン2016 »