« 第15回 四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 2015歴史街道丹後100kmウルトラマラソン »

2015年9月13日 (日)

三原・白竜湖トレイルランレース2015

広島県三原市で行われた、三原・白竜湖トレイルランレース、

ロングコース(37km)に参加。

前日夕方、会場の白竜湖スポーツ村公園に到着し、駐車場で車中泊。

0047

明け方に少し雨が降ったが、朝には上がり、スタート時には良い天気。

午前7時、ロングコース約500人のランナーがスタート。

初めて走るコースで、様子を見ながらゆっくりと走り始める。

序盤から険しい上り坂。

制限時間は8時間。

距離は37kmなので、6時間程度で完走できるのではないだろうか。

まずまずのペースで順調に走る。

が、アップダウンが厳しく、思うようにスピードは上がらない。

0021

距離表示は1kmごとにあり、ペースをつかみやすい。

しかし、自分の感覚よりはるかに遅いペース。

想像以上に厳しいコース。

0027

険しい上りでは歩きが入り、急激な下りでは、上り以上に時間がかかる。

足の調子は悪くないが、岩場は走れない。

怪我をしないよう慎重に進む。

0029

途中のエイドで水分補給をするが、

トレイルレースなので、当然、エイドの数は少ない。

今日は天気が良く、暑い。

携行しているボトルの水を少しずつ飲みながら走る。

0032

コースはどんどん険しくなる。

危険な岩場や急斜面では、スタッフが立って注意を呼び掛けている。

険しいトレイルのレースだが、大会運営はしっかりしている。

0035

厳しいアップダウンの連続で、登りはほぼ歩き。

とにかく休まず進み続ける。

0039

広島空港付近でロードに出て、20km通過。まだまだ先は長い。

思った以上に遅いペース。

このままのペースだと、制限時間ギリギリになりそうだ。

0043

ぬかるみを走り、川を渡り、足は泥だらけ。

ロープを使って登る急斜面に差し掛かるが、

足がけいれん気味で全く踏ん張りがきかない。

ロープをつかんで、腕の力だけで強引に登る。

0046

それでも何とか足は持ちこたえ、走り続ける。

岩場はかなり慎重に進んでいたが、岩場の下り坂で転倒。

手を少し切っただけで済んだ。

もうタイムはどうでもいいので、とにかく制限時間内のゴールを目指す。

とにかく走れるだけ走る。

急激な下り坂を走り、ようやく最後のロードに出る。

ずいぶん時間がかかったが、無事にフィニッシュ。

0002

タイムは7時間22分。制限時間内に完走するのがやっとだった。

厳しかったが、走りごたえのあるコースだった。

« 第15回 四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 2015歴史街道丹後100kmウルトラマラソン »

コメント

お疲れ様でした。
よくぞご無事で(^^♪

写真みるだけで、びびっております。
そのうえ、リュックでしょうから重いし。

こんなコースを7時間以上 がまんして走ったなんて
すごい。 
やっぱり、トレイルは 怖い・・辛い・・今日のおじさんにとって
絶対脚を踏み入れたくない世界です(>_<)

今日のおじさんさま、
トレイルで初めてのコース、
時間がどれだけかかるかわからないので、後半は焦り気味でした。
でも険しいコースでなかなか前に進みません。
怖くて辛いですが、普段足を踏み入れない道を走るのも楽しいです。
でも、今年のトレイルレースはこれで終了です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第15回 四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 2015歴史街道丹後100kmウルトラマラソン »