« 第7回安達太良山登山マラソン | トップページ | 第28回今治シティマラソン »

2014年9月28日 (日)

第17回村岡ダブルフルウルトラランニング

兵庫県香美町で行われた、村岡ダブルフルウルトラランニング、100kmの部に参加。

前日夜に車で村岡入りし、会場近くの道の駅で車中泊。

当日朝3時に会場入りし、受付を済ませ、スタートの準備。

0040

午前5時、100kmと88kmの部のランナーが村岡小学校をスタート。

提灯に照らされた村岡の商店街をゆっくりと走り始める。

5km地点を過ぎ、徐々に明るくなりはじめ、上り坂へと向かう。

体が思うように動かず、ペースが上がらないが、スローペースで坂を上る。

今日は朝から良い天気で、少し暑いが、序盤からかなり苦しい走り。

ペース配分を考えながら、とにかく完走を目指す。

この大会は、昨年まで5年続けて100kmを完走しているが、

今回は、いつになく走りが不調で、厳しい山岳コースを走るには調子が悪すぎる。

 

20km地点を過ぎ、ハチ北温泉街の急な坂を駆け下りる。

序盤の遅れを取り戻すべく、徐々にペースを上げて走り続ける。

しかし、全くスピードが出ず、上り坂では思うように走れない。

市原のエイドを通過し、猿尾滝から折り返してくるランナーとすれ違う。

知り合いのランナーに励まされながら何とか走るが、ペースは上がらない。

 

44km地点から、コース最大の難所、蘇武岳の登りへと向かう。

ここから次の関門まで1時間で走ることができれば、何とか完走できるだろう。

しかし、体が重く、厳しい上り坂で全く走ることができない。

フラフラになりながら、歩いて登るのがやっとの状態。

ようやく、第2関門、蘇武展望台に到着。

Dsc_0381

天気が良くて、景色が良い。

などどのんびりしている場合ではない、ここまでの登りで時間がかかりすぎた。

ここで次の関門までの距離と時間を確認する。

ペースを上げればまだ間に合う。

しかし、蘇武岳を越えてからの下り坂で、全く思うように走れない。

とにかく行ける所まで行くしかない。

 

第3関門、蘇武小城のエイドをギリギリで通過。

次の関門まで9.4kmを1時間で走らなければならない。

急激な坂を下り、和佐父峠への急勾配の登り。

足の調子が徐々に回復し、ペースを上げるが、時間的に無理。

峠を越え、次の関門まで、意地で走り続ける。

第4関門、射添会館に到着。既に関門閉鎖の時刻を15分オーバー。

村岡100km、6度目の挑戦で初めて途中リタイアの屈辱を味わうこととなった。

« 第7回安達太良山登山マラソン | トップページ | 第28回今治シティマラソン »

コメント

びっくりです!!!

いまひとつといいつつも、走っておられたのでいけたとばかり思っていたのですが

故障じゃないんですよね?

もしかして、脱水症状となっていたのかもしれませんですよ。

cootさんの脚で、ふらふらだなんて普通でないですもん。

まさか、それから車で走って帰ったとか?
ほんまに、おつかれさまでした。
リベンジーがまってますからね。

今日のおじさんさま、
お疲れさまでした。
足の調子は徐々に良くなってきてますが、体調が整わず、力が出ませんでした。
今回は珍しく後泊してから帰りました。
10月はハセツネ、四万十と、気の抜けない2連戦があるので、何とか回復を目指します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第7回安達太良山登山マラソン | トップページ | 第28回今治シティマラソン »