« 落選・・・東京マラソン2014 | トップページ | 第3回龍馬脱藩マラソン »

2013年9月29日 (日)

第16回村岡ダブルフルウルトラランニング

兵庫県香美町で行われた、村岡ダブルフルウルトラランニング、100kmの部に参加。

1000m級の山の中を走る、日本屈指の山岳ウルトラ。制限時間は14時間。

前日車で現地入りし、受付を済ませ、近くの道の駅で車中泊。

当日午前3時過ぎにスタート会場入り。

早朝で涼しいが、今日は天気が良く、日中は暑くなりそうだ。

0030

午前5時、100kmと88kmの部のランナーが村岡小学校をスタート。

まずは村岡商店街の中を走り、夜が明け始めた頃、山岳コースへと向かう。

足の調子はまずまずで、順調なペースで坂道を走る。

最初の10kmを55分ほどで通過。

スタッフから熊よけの鈴を渡され、山の中のコースに入っていく。

朝日に照らされながら、山あいの静かなコースを気持ち良く走る。

厳しいアップダウンが続くが、朝の涼しいうちにできるだけ距離を稼いでおきたい。

少し早いペースで走り続ける。

この大会はエイドが充実していて、各エイドでしっかりとエネルギー補給しながら走る。

 

20kmを2時間ほどで通過。

ハチ北温泉街の急激な下り坂を、スピードを出して駆け下りる。

この先、厳しい道のりになるので、走れるうちにペースを上げて走っておく。

今回は、12時間以内での完走が最低限の目標。

66kmの部のスタート地点を通過し、ここまでは順調な走り。

また上り坂になり、少し歩きが入る。

 

30kmを3時間02分ほどで通過。

日差しが強くなり、かなり暑さを感じるようになってきた。

体が思うように動かなくなり、走りのペースが落ちる。

猿尾滝へ向かう上り坂で、全くスピードが出なくなった。

エイドで、おにぎりやぜんざいを頂き、体力の回復を図る。

 

40kmを4時間17分ほどで通過。

作山エイドで折り返し、すれ違うランナーとエール交換をしながら走る。

体力の消耗が激しいが、何とか走り続ける。

耀山エイドを過ぎ、コース最大の難所、蘇武岳への上り坂に向かう。

既に坂を走れるだけの体力が無く、早歩きで坂を上り続ける。

長く険しい上り坂で、沿道の応援も無い厳しい区間だが、

選手一人ひとりに対する応援プレートが設置してある。

私に対する応援メッセージは、「ここを走れば最強だ」。

せっかくなので走ってみるが、ずっと走り続けることはできない。

 

50kmを6時間で通過。

予定よりかなり遅いペース。とにかく制限時間内の完走を目指すことにする。

蘇武展望台の関門エイドに到着。天気が良く、景色は素晴らしい。

まだ上り坂は続き、ようやくコース最高標高地点を越える。

下り坂に入りペースを上げようとするが、体力の消耗が激しく、ペースが上がらない。

それでも、走り続けながら体力の回復を待つ。

暑さは厳しいが、再びペースを上げて走る。

 

60kmを7時間31分ほどで通過。

蘇武小城エイドから急激な坂を下り、再び厳しい上り坂。

厳しい暑さの中での、険しい上り坂。周りのランナーも非常に苦しそう。

和佐父峠のエイドに到着し、また急激な下り坂。

前を行くランナーをどんどん抜きながら、スピードを上げて走る。

 

70kmを8時間54分ほどで通過。

約5kmも続く長い下り坂を一気に駆け下り、射添会館の関門エイドに到着。

水分補給をし、そうめんをいただき、先を目指してエイドを出発。

坂を上り、但馬大仏のある長楽寺に到着。大仏殿の中を走る。

さらに上り坂が続くが、暑さが厳しく、汗が止まらない。

水分補給も追いつかず、喉はからから。

足は走れる状態だが、次のエイドまで体力を持たせるために歩く。

ようやくエイドに到着し、水を何杯も飲む。

ここからは、完走を目指し、残りの時間と距離を計算しながら走る。

 

80kmを10時間37分ほどで通過。

あけぼの山荘のエイドに到着し、しっかりと水分補給。

長い下り坂に入り、ペースを上げて走り続ける。

ここまで、昨年より1時間ほど遅いペースだが、十分完走は可能。

夕方になり、暑さが和らぎ、走りやすくなってきた。

 

90kmを11時間55分ほどで通過。

小北保育所の最終関門をクリアし、最後の峠越えへと向かう。

しかし、厳しい上り坂で意識が朦朧とし、フラフラになりながら坂を上る。

体力は限界だが、まだ上り坂を普通に走れるだけの足の力は残っている。

歩いたり走ったりしながら坂を上り、一二峠のエイドに到着。

ゴールまで残り4.5km、ここからは下り坂。ラストスパートに入る。

やがて日は沈み、真っ暗になった道を、ゴール目指して走る。

ゴール地点が見え、スピードを上げ、ようやく村岡小学校のゴールに到着。

結果は13時間26分40秒。

目標タイムには遠く及ばなかったが、苦しみながらも完走。

これで村岡100km、5年連続での完走を果たすことができた。

0029

« 落選・・・東京マラソン2014 | トップページ | 第3回龍馬脱藩マラソン »

コメント

おつかれさまでした~
よーくわかります。苦しい坂、暑さ・・・よくぞ最後まで粘りました。
ここが、cootさんの真骨頂 、どんなにしんどくとも
前へ前へ。

のどからからの状態、きっと脱水症状ぎみになってはったんですよね。
それでも、最後まで よく ほんま耐えました。
やっぱり、ボトルフォルダーこのくらいの暑さになると、途中で
水ほしいときにあったら、少しは楽になったでしょうね~
またまた、ラン後 走って帰りはったんでしょうか?
超人なみの体力に(@_@)

今日のおじさんさま、
今回は予想以上の暑さでしたが、村岡はエイドが充実してるし、何度も走っていてエイドまでの距離も把握できているので、何とか完走することができました。他の大会なら、自販機でジュースを買ってます。村岡のコースは自販機もないですが。
今回もラン後、すぐに車を運転して帰りましたが、さすがにきつかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落選・・・東京マラソン2014 | トップページ | 第3回龍馬脱藩マラソン »