« 結果報告・・・飛騨高山ウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・立山登山マラニック »

2013年6月 9日 (日)

第2回飛騨高山ウルトラマラソン

岐阜県高山市で行われた、飛騨高山ウルトラマラソン、100kmの部に参加。

前日朝に愛媛を出発、列車を乗り継いで、夕方、高山に到着。

受付を済ませた後、高山市内を少し散策し、スタート会場近くのホテルに宿泊。

当日朝2時半に起床、準備をし、スタート会場の高山市役所に向かう。

スタートは、午前4時45分と午前5時の2回に分けてウェーブスタート。

0005

開会式の後、午前4時45分に高山市役所をスタート。

高山市内の古い町並みを走り、最初の上り坂へと向かう。

スタートから足が重く、調子は良くない。

制限時間は14時間。ペース配分を考えながら完走を目指したい。

しかし、最初からスピードが上がらず、苦しい走り。

標高差2,700mの難コースを最後まで走りきれるのだろうか。

0008

10kmを1時間02分ほどで通過。

今回初めての参加だが、かなり厳しいコースだと聞いている。

先週のしまなみ海道に続く2週連続の100kmウルトラだが、

4月の奥熊野で足を痛めて以来、思うような走りができなくなっている。

0009

美女高原のエイドに到着。

今日は天気が良く、しっかりと水分を補給しながら走りたい。

しかし、序盤から調子が上がらず、走りが重い。

0010

道の駅ひだ朝日村の関門エイドに到着。

特産品のよもぎうどんを頂く。

長丁場のレースなので、エイドではしっかりとエネルギー補給をしておきたい。

 

20kmを2時間14分ほどで通過。

厳しい上り坂が続き、歩きを交えながら進む。

それでも、走りの調子は少しずつ上がってきている。

走りのスピードは上がらないが、無理の無いペースで走る。

カクレハキャンプ場のエイドでそばを頂く。

さらに厳しい上り坂は続く。

 

30kmを3時間39分ほどで通過。

未舗装の林道に入り、トレイルで思うような走りができない。

0014

標高がどんどん上がり、コースから見る景色も素晴らしい。

今日は天気が良く、乗鞍岳をはじめ、遠くの山々もくっきりと見える。

0016

まだ前半、足の調子を見ながら、ゆっくりと坂を上る。

飛騨高山スキー場の関門エイドに到着。

エイドで、飲み物や食べ物を頂き、先へ進む。

0018

ここからしばらくは長い下り坂。

下り坂でも本来のスピードは出ないが、ペースを上げて走り続ける。

 

40kmを4時間57分ほどで通過。

フルマラソンの距離を5時間以上かかって通過するが、

今回は、とにかく制限時間内の完走を目指すしかない。

標高が下がるにつれ気温が上がり、暑くなってきた。

 

50kmを6時間07分ほどで通過。

予定よりかなり遅いペースだが、まだ足に余力は残っている。

0020_2

厳しいアップダウンは続き、相変わらずペースは上がらない。

第3関門、丹生川支所に到着。

ここには足湯も用意されているが、そんなにのんびりしている場合ではない。

完走を目指すため、エイドでの滞在時間を極力少なくしながら先へ進む。

上り坂で走り続けることができなくなってきたが、

できるだけペースを落とさないよう、走りと早歩きを交えながら坂を上る。

 

60kmを7時間26分ほどで通過。

しかし、まだまだ上り坂は続く。

0022

周りのランナーも同じようなペースで坂を上っている。

かなり暑くなり、喉はカラカラだが、休まず走り続ける。

厳しい上りはまだまだ続く。

 

70kmを9時間07分ほどで通過。

下り坂に入り、足に負担がかからない程度のスピードで、ペースを上げて走る。

残りの距離と時間を計算しながら、着実に完走を目指す。

途中のエイドでは頭から水をかぶって体を冷やす。

 

80kmを10時間25分ほどで通過。

第4関門、2度目の丹生川支所に到着。何とか完走できそうなペース。

大半が山の中の厳しい山岳コースだが、

人家のある場所では、沿道の人たちが熱心に声援を送ってくれている。

85kmを過ぎ、千光寺への急勾配の上り坂に差しかかる。

歩いて登るだけで息が上がり、走ることはできず、早歩きで坂を上る。

0025

ようやく坂を上り切り、千光寺のエイドに到着。

しかし、上り坂はまだ続き、歩いて坂を上る。

厳しい上りが終わり、ようやく下り坂。ペースを上げて走る。

 

90kmを12時間07分ほどで通過。

少し平坦な道になり、ゴール目指してゆっくりと走り続ける。

高山駅を出る最終の特急列車で帰るつもりだったが、間に合いそうに無い。

スタートとゴールの場所が離れているため、時間的に無理だろう。

そんなことより、今はとにかく完走を目指すのみ。

最後のエイドを通過し、いよいよラストスパートに入る。

ようやくフィニッシュ地点の国府町福祉の里に到着。

タイムは13時間28分。無事に完走。

0029

非常に厳しいコースだったが、足に大きなダメージも無く完走することができた。

そして、天気も良く、気持ち良く走れる良い大会だった。

 

ゴール後、シャトルバスでスタート地点の高山市役所に戻る。

高山駅に着いたのは19時。最終の特急列車には間に合わず、鈍行列車に乗る。

列車を2度乗り継ぎ、深夜に名古屋に到着。

この日は名古屋に宿泊し、翌日、新幹線に乗り帰路に着いた。

« 結果報告・・・飛騨高山ウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・立山登山マラニック »

コメント

厳しいコースでしたね、お疲れ様でした、水戸黄門です。
私は今までにない筋肉痛になってしまい歩くのがやっとです。

Hockeさん、
お疲れさまでした。噂どおりの厳しいコースでした。
ゆっくり足を休めてください。
私もサロマに向けて復調を目指します。

このたびは「飛騨高山ウルトラマラソン」にご参加いただきありがとうございました。
また、完走(快走)おめでとうございます。
十分楽しんで(苦しんで?)いただけたでしょうか(^_^)
ブログで詳しく紹介していただき、感謝いたします。

昨年に続いて、大会前日のコース説明を担当させていただきました。
ランネットの大会レポでも、割と役に立ったと(一部には面白かった・・とも)ご評価いただき、恐縮しています。

今年は、私自身も写真を300枚以上撮りながら、楽しく72キロを走らせていただきました。
改善が必要な個所は、今後修正していきたいと思います。
来年もぜひご参加ください。お待ちしております。

飛騨高山・丸山さん、
コメントありがとうございます。おかげさまで、大会を堪能することができました。
高山を訪れるのは初めてでしたが、ハードスケジュールでの遠征で、
短時間での観光を優先させたため、説明会には出席する余裕がありませんでした。
次回はもう少し余裕を持って高山を観光したいと思います。

cootさん、おつかれさまでした。

昨年の飛騨よりもさらに充実したいい大会になったみたいですね~。

思い出します、地獄のような最後の千光寺ののぼり。

お前は、死んだと宣告されたようにきつい坂でした。


連続、連戦の で、サロマにもいかはるみたいですね!!!


Hockeさんのお姿も、どこかの大会でお見受けした気がいたします。

cootさんのおかげで、Hockeのブログを拝見することができました。
 ちょうど今年がHockeさんのマラソンスタートの年齢であり 、まだまだやれる、やることがあるとあらためて 実感。

もし、サロマでお二人の激走を楽しみにしております。

今日のおじさんさま、
千光寺の上りは全く走れませんでした。
でも、しまなみ、高山と連戦で足の調子は回復しつつあります。
サロマではサブ10を目指して頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果報告・・・飛騨高山ウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・立山登山マラニック »