« 第25回萩往還マラニック140km | トップページ | 落選・・・大阪マラソン2013 »

2013年6月 1日 (土)

第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足

しまなみ海道100kmウルトラ遠足に参加。

福山をスタートし、しまなみ海道を走り、今治にゴールする100kmのコース。

前日夜10時半頃に福山駅に到着し、駅前のホテルに宿泊。

当日朝2時半に起床、受付を済ませ、スタートの準備。

荷物を預け、スタート地点の福山城に向かう。

0034

午前5時、1,000人あまりのランナーが福山城をスタート。

福山市内は信号待ちも多く、かなりゆっくりとしたペースで走り始める。

最初の5kmを40分ほどで通過。

1ヶ月前の萩往還以降ほとんど走っていないため、足がどこまでもつか不安。

制限時間は16時間、途中関門は無いので、無理をせずに完走を目指す。

10kmを1時間12分ほどで通過。

先月の萩往還リタイアの原因となったアキレス腱の怪我が再発しないよう、

走り方に注意しながら慎重な走り。エイドでの休憩時間も長めにとる。

15km手前のエイドで、うどんをいただく。

まずは順調な走りで、最初の橋を目指す。 

20kmを2時間20分ほどで通過。

0002

エイドで水分補給をし、橋への上り坂を走る。

まずは最初の橋、尾道大橋をを渡り、向島に入る。

各エイドでは、さまざまな飲み物や食べ物を用意してくれている。

0003

100kmの長丁場なので、エネルギー補給をしながら走る。

向島をゆっくりとしたペースで走り続ける。

30kmを3時間33分ほどで通過。

思うような走りはできず、全くスピードは上がらない。

二つ目の橋、因島大橋を渡る。

0005

この因島大橋は、上が車道、下が自転車歩行者道の二階建構造になっている。

因島に入り、アメニティー交流館のエイドに到着。

ここでは、絞りたてのオレンジジュースをいただくことができる。

0007

少し休憩し、氷があったので、念のために痛めている足首をアイシング。

さらに因島を走り続けるが、徐々にペースが落ちてきた。

1週間後には飛騨高山100kmが控えているので、今日はゆっくりと走る。

40kmを4時間55分ほどで通過。

話は変わるが、今日から10月の日本山岳耐久レースのエントリーが始まる。

一度は参加したい大会なので、携帯電話からのエントリーを試みる。

しかし、予想どおりなかなかアクセスできない。

手に携帯を持ったまま、3つ目の橋、生口橋を渡る。

0008

結局、ハセツネにはエントリーできず。

かなり暑くなってきたが、走りに影響が出るほどではない。

それでも、エイドでは頭から水をかぶって走る。

中間地点のエイド、B&G海洋センターに到着。

ここでは、スタート地点で預けた荷物を受け取ることができる。

おにぎりや水をいただき、少し休憩。

エイドを出発し、後半戦に入る。足の調子はまずまず。

50km地点を6時間32分ほどで通過。

かなり遅いペースだが、なんとか完走はできそうなペース。

サンセットビーチを通過。

0013

練習不足のせいか、まったく思うようなスピードで走れない。

海沿いの道を、ゆっくりと走る。

生口島を後にし、多田羅大橋を渡る。

0016

多田羅大橋の途中で60km地点を通過。

ようやく愛媛県に入る。

0018

4つ目の島、大三島を走る。

少し雨が降り出した。暑いよりは、少し雨が降るくらいの方が楽に走れる。

大三島橋を渡り、伯方島に向かう。

0019

伯方島では、ランナーを歓迎する看板が見られる。

足の故障を悪化させないため、上りは歩き中心で、下り坂と平坦な道を走る。

大きな造船所の横を通り、伯方SCパークのエイドに到着。

ここが70km地点。スタートから9時間39分。

エイドで、そうめんやオレンジジュースをいただく。

0021

伯方島の人たちに見送られ、橋への坂道を上る。

雨の中、伯方大島大橋を渡り、最後の島、大島へ向かう。

0022

走りのスピードが落ち、かなりのペースダウン。

宮窪港前のエイドに到着。雨脚が強くなってきた。

大島のアップダウンの続く道を走る。

雨が降り続き、体が冷え切っている。

しかし、全くペースが上がらないため、ゴールはまだまだ遠い。

80kmを11時間26分ほどで通過。

吉海町バラ公園のエイドに到着。

0023

最後の橋を目指して、海沿いの道を走り続ける。

天気も悪く、明るいうちにゴールすることはできないだろう。

ようやく、最後の橋、来島海峡大橋を渡り始める。

0026

雨の中、長い橋を黙々と走る。

橋の途中で90kmを通過。橋の上なので、距離表示は無い。

長い下り坂のスロープを降り、今治の街に到着。

足が動かず、ラストスパートもできないが、何とか完走できそうだ。

商店街を走り、すっかり暗くなった今治城の中を走る。

0028

今治城を出て、残り1km。

ゆっくりと走り、ゴールのテクスポート今治に到着。

ゴール写真を撮るため、ゴールゲート前では、4~5人のランナーが順番待ち。

ゆっくりとフィニッシュテープを切り、主催者の海宝さんと握手。

タイムは14時間45分ほど。無事に完走することができた。

0029

« 第25回萩往還マラニック140km | トップページ | 落選・・・大阪マラソン2013 »

コメント

おつかれさまでした。足首、今日のおじさんと同じく痛めてたんですね(>_<)

cootさんのたんたんと書かれた文章に、あきらめの文字はなし。苦しい文字もなし。

なんか、ウルトラランナーの原点をみたような気がしますね。

ただひたすら、前へ前へ。 やがて、ゴールは見えてくる。

今回も、また今日のおじさんは cootさんから 学ぶものがありましたです。

飛騨高山、思い出します。あの苦しかった100K。でも、cootさんなら 1歩1歩いかはるでしょう。楽しんできてくださいね~ 

今日のおじさんさま、
アキレス腱を痛めて、5月はほとんど走ることができず、今回のしまなみは痛みが再発しないよう、かなり慎重に走りました。
飛騨高山は初めてなので、楽しみながら完走を目指します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第25回萩往還マラニック140km | トップページ | 落選・・・大阪マラソン2013 »