« 第51回愛媛マラソン | トップページ | 第2回小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足 »

2013年2月24日 (日)

高知龍馬マラソン

高知龍馬マラソンに参加。

昨年まで行われていた高知マラソンが市民マラソンとしてリニューアルし、

初めての開催となる大会。

高知城近くのグランド通りをスタートし、春野陸上競技場にゴールする42.195kmのコース。

0026

朝7時半頃に会場の城西公園に到着し、スタートの準備。

参加者は3.800人ほどで、会場は混雑も無く、のんびりとした雰囲気。

スタートブロックに整列後、スタート地点のグランド通りへ移動。

午前9時、いよいよランナーが一斉にスタート。

Aブロックからのスタートで、ロスタイムは15秒ほど。

沿道の人々の声援を受けながら、ゆっくりと走り始める。

5km 23分45秒

今日は全くスピードが出ず、予定よりかなりのスローペース。

今月前半の別大マラソンと愛媛マラソンで力を使い切った影響だろう。

 

10km 47分44秒

風は冷たいが、天気が非常に良く、日差しは強い。

コースは細かなアップダウンがあるが、苦になるほどではない。

のどかな田園地帯を、マイペースで走る。

 

15km 1時間11分32秒

全くスピードが出ないので、3時間30分前後での完走を目指すことにする。

各給水所で、少しずつ水分補給をしながら走る。

ローカルな雰囲気の大会だが、沿道では地元の人たちが大きな声援を送ってくれている。

 

20km 1時間35分44秒

中間点を1時間41分ほどで通過し、ペースが遅い分、まだ足には余力が残っている。

そして、22km過ぎからコース最大の難所、浦戸大橋を渡る。

急勾配の上り坂を、息を切らせながら一気に駆け上がる。

橋の上からの景色は素晴らしいが、ほとんど眺める余裕はない。

上り切った後は、急な下り坂をスピードを上げて走り、無事に難所を通過。

 

25km 2時間00分09秒

少し向かい風だが、海沿いの道を、太平洋を見ながら気持ち良く走る。

初開催の大会だが、天気が良くてよかった。

浦戸大橋で足を消耗したせいか、少しずつ足が重くなってきている。

 

30km 2時間24分46秒

ここまでは遅いながらも、ほぼイーブンペースで来ている。

向かい風が強くなり、少しスピードが落ちてきた。

折返し地点が近づいたが、急勾配の坂の上に折り返しの三角コーンが見える。

しかし短い坂なので、駆け上がり、折り返し地点を通過。

少しの間、折り返しに向かうランナーとすれ違いながら走る。

 

35km 2時間50分23秒

海沿いの道を曲がり、ゴールのある春野運動公園を目指す。

しかし、強い向かい風に苦しめられ、どんどんペースが落ちていく。

何とか走り続けてはいるが、スピードが上がらない。

ゴールまで残り3km。

ここから緩やかな上り坂を苦しみながら走り、2つ目の折り返し。

 

40km 3時間19分13秒

残りわずかだが、もう足が動かない。

そして、残り1km、競技場への上り坂で歩きが入る。

ここで無理にスパートをする意味も無いので、ゆっくりとゴールを目指す。

最後は競技場のトラックを1周し、ようやくフィニッシュ。

結果は、3時間33分57秒。無事に完走。

初めて参加した大会だったが、天気も良く、気持ち良く走ることができた。

0027

上の写真は、JR高知駅前の坂本竜馬、武市半平太、中岡慎太郎の銅像。

« 第51回愛媛マラソン | トップページ | 第2回小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足 »

コメント

おつかれさまでした~


さすがですよcootさん。あの激坂いれてのタイムですからお見事。

今日のおじさんは、あの橋をわたってからが地獄のような

道のりでありました。

また、一緒に楽しくはしりましょう(笑

お疲れ様です。
連戦の中、大崩れしないナイスラン!!です。
私は、東京を走らせていただきましたが、
来年外れたら、高知龍馬マラソン目指します!

今日のおじさんさま、
連戦での完走、お疲れさまでした。
私も後半に備えて温存していた足を、あの橋で使い切ってしまいました。
橋を渡ってからの一本道は長い道のりでしたね。
また来シーズンの記録更新に向けて頑張ります。

なおっちさん、
東京マラソン、お疲れさまでした。
高知は東京の10分の1の参加者で、ストレスも無く、気持ち良く走れました。
東京とは全然雰囲気が違いますが、いい大会でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第51回愛媛マラソン | トップページ | 第2回小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足 »