« 結果報告・・・OSJ氷ノ山山系トレイルレース | トップページ | 紅葉 »

2012年10月28日 (日)

OSJ氷ノ山山系トレイルレース

OSJ氷ノ山山系トレイルレースに参加。

兵庫県最高峰1,510mの氷ノ山を中心としたエリアがレースの舞台。

距離は約71km、制限時間は15時間30分。

前日夕方に会場入りし、選手用駐車場で車中泊。

レース当日、予報どおりの雨。

0001

装備品のチェックを受けてから、スタートゲート前に整列。

ドリンク2リットル、ライト、熊鈴は装備必須。

それ以外に、雨具、行動食、デジカメ、携帯電話等、走るには重い装備。

午前5時30分、兎和野高原野外教育センターをスタート、真っ暗な中を走り始める。

厳しい上り坂でペースが上がらず、最初から苦しい走り。

長い道のりだが、日が暮れないうちに完走を目指したい。

徐々に空が明るくなり始め、苦しみながら上り坂を進む。

最初のエイドを通過し、鉢伏高原スキー場の急斜面を登る。

そして、氷ノ山へ向かって上り続ける。

0010

走りの調子はまずまずで、ペースは順調だと思われる。

雨で地面がぬかるんでいる箇所では、転倒しないよう慎重に進む

0013

順調に氷ノ山を越え、下り坂に入る。

前回、2年前に参加した時とは、別の下山ルートに変更されていて、

ここから第1関門までは、一気に駆け下りることができる。

転倒に気をつけながらトレイルを走り下り、第1関門に到着。

スタートから3時間50分ほど、ここまでは順調なペース。

ここから長い林道区間に入る。

0015

前後のランナーとの間隔が開き、何も無い林道を走り続ける。

林道に入ってから3人ほどのランナーを抜き、順調な走り。

しかし、長い長い林道で、他のランナーの姿も全く見えなくなった。

もう1時間以上、誰にも会うことなく、一人ぼっちで、ひたすら走る。

次のエイドが近づいた頃、ようやく前方にランナーの姿が見えた。

エイドを過ぎ、扇ノ山への登りを息を切らしながら進む。

0018

雨で足元がぬかるむため、転倒しないよう注意しながら走る。

トレイルを抜け、次の関門が近づいて来たところで、雨脚が強くなってきた。

雨が土砂降りになったところで、第二関門到着。

スタートから8時間50分。予想以上に時間がかかっている。

0021

悪天候の中、とにかく走れる道は走るが、

距離の感覚かつかめず、思った以上にペースが上がっていない。

さらに、足元の悪いトレイルでは、スピードを出すことができない。

 

第二関門から、しばらく下り坂。

雨でぬかるんだトレイルを、慎重に走る。

途中、木製の傾いた橋があり、足を滑らせ激しく転倒。

何とか起き上がり、走り出すが、この転倒でダメージを受けた。

近くを走っていたランナーも何人もが転倒し、けが人も出たようだ。

足は走れる状態なので、そのまま走り続け、

舗装路に出たところで、スタッフが、ケガ人が無いか確認をしている。

痛みはあるが、普通に走ることができていたので、大丈夫と答えてレースを続行。

(しかし、翌日病院を受診し、肋骨にヒビが入っていることが判明。)

 

ここからしばらく舗装路を走り、肥前畑のエイドに到着。

約51km地点、ここまでの所要時間は約10時間30分。

0027

このエイド到着の制限時間は17時で、まだ1時間の余裕がある。

ゴールの制限時間まで5時間、十分完走できるだろう。

そして、ここから険しいトレイルに入る。

しかし、負傷した体では、あまりにも厳しい難所。

0028

道は無く、既に通過したランナーの足跡を頼りに、沢を渡り、急斜面をよじ登る。

しかし、雨でぬかるんだ急斜面を登るのに大苦戦。

四つん這いになり、泥だらけになりながら、必死でよじ登るが、

泥をつかんで登っているような状態で、何度も滑落。

近くに居たランナーと励ましあいながら登る。

ようやく、難関のトレイルを抜け、全身泥だらけで林道に出ることができた。

 

林道に出た所の小エイドで水分補給。

ここからライトを点灯し、長い林道を走る。

やがて辺りは真っ暗になり、月明かりに照らされながら走り続ける。

しかし、いくら走っても次のエイドにたどり着けそうな気配は無い。

手持ちの補給食も無くなり、スタミナが切れかけてきた。

それでも気持ちを切らさず走り続け、ようやくエイドに到着。

しかし、制限時間まで50分を切っている。ゴールまであと8km。

 

時間的にかなり厳しいが、スピードを上げて走る。

が、残り6kmからは上り坂が続き、ペースを上げることができない。

必死でゴールを目指すが、スタッフの運転する車が横で停車した。

ス「制限時間になりました。車に乗ってください。」

私「ゴールまであと何kmですか?」

ス「3kmは切ってます」

収容車に乗せられ、ゴールのとちのき村に到着。

 

送迎バスでスタート地点に戻り、帰路に着く。

それから夜を徹して車を運転し続け、翌日午前4時に帰宅。

負傷をし、完走できず、最悪の結果となり、悔しさだけが残ったが、

バラエティに富んだコースを楽しく走ることができた。

« 結果報告・・・OSJ氷ノ山山系トレイルレース | トップページ | 紅葉 »

コメント

やはり、雨が原因でしたか・・
雨のトレイル、厳しい状況が伝わってきます。
おんたけ100kmをご一緒させてもらったときの雨を思い出しました。

それにしても氷ノ山は難関なコースですね。

淳天さん、
おんたけは普通の林道だけなので、雨で涼しく走りやすかったのですが、
氷ノ山の難関コースを雨の中走るのは、厳しかったです。
でも、厳しいコースほどトレイルの醍醐味を味わうことができると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果報告・・・OSJ氷ノ山山系トレイルレース | トップページ | 紅葉 »