« 第16回池田池マラソン | トップページ | 丹後ウルトラの完走率 »

2012年9月16日 (日)

第12回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン

京丹後市で行われた、丹後100kmウルトラマラソン、100kmの部に参加。

前日午後に車で京丹後市入り。受付を済ませた後、峰山のホテルに宿泊。

当日朝2時半にホテルを出て、会場のアミティ丹後に向かう。

100kmの部の参加者は約2,000人。会場は多くのランナーで賑わっている。

スタート式の後、午前4時30分にアミティ丹後をスタート。

Tango2012_1

まずは、ゆっくりと走り始めるが、すぐに全身汗だくになる。

湿度が高く、非常に走りにくいコンディション。

今回の目標は、10時間以内での完走。

しかし、最初から調子は上がらず、なかなかスピードを上げられない。

まずは七竜峠に向かって、真っ暗な道を走る。

朝の涼しいうちに距離を稼いでおきたいが、思うような走りができない。

七竜峠を越え、徐々に明るくなってきた。

10kmを1時間04分ほどで通過。

かなり遅いペースだが、足が動かない。

とにかく、完走を目指して、このペースを維持していくしかない。

くみはまSANKAIKANのエイドを通過。

Tango2012_2

今日は気温、湿度ともに非常に高く、しっかりと水分補給をしなければ走れない。

足の調子はそれほど悪くないが、体が動かず、ペースは上がらない。

 

20kmを2時間15分ほどで通過。

朝から日差しが強く、気温はぐんぐん上がり、走るには厳しい気象条件。

久美浜の60kmの部スタート地点前を通過。

相変わらずの不調の走りで、久美浜湾沿いを走る。

Tango2012_3

上り坂にさしかかり、さらにペースが落ちてきた。

応援ランの大会ゲスト猫ひろしに励まされるが、足に力が入らない。

こんな調子では、完走するのは厳しい。

これほど足が動かないのは、暑さのせいだけではないと思われる。

 

30kmを3時間40分ほどで通過。

まだ序盤だが、道端の自販機で水分補給をするランナーの姿が目立つ。

強い日差しに加え、湿度が高く、サウナの中を走っているような状態。

走る気力さえ無くなるほどの暑さ。

七竜峠への上り坂では、歩くことが多くなる。

周りのランナーも、できるだけ日陰を選んで歩いている。

Tango2012_4

七竜峠を越え、下り坂を走るが、思い切ってスピードを上げることができない。

序盤からこれほどまでに走れなくなることは想定していなかった。

 

40kmを5時間23分ほどで通過。

いくら調子が良くないとはいえ、あまりにもペースが遅すぎる。

これからますます気温が上昇することを考えると、完走は非常に厳しいだろう。

浅茂川漁港のエイドに到着。このエイドではうどんをいただく。

相変わらず走りのスピードは全く上がらないまま、次の関門を目指す。

Tango2012_5

八丁浜シーサイドパーク沿いを走るが、海は多くの海水浴客で賑わっている。

しかし、もう9月の後半、普通なら海水浴場が賑わうような時期ではないだろう。

そして、完走は絶望的なペースで走っているにもかかわらず、

周りにはまだまだ多くのランナーが走っている。

Tango2012_6

50kmを7時間15分ほどで通過。

次の関門は56km地点のはずだが、関門制限の時間は頭に入っていない。

余裕で完走する予定だったため、関門の時間までは考えずにスタートした。

しかし、おそらく次の関門を通過するのは時間的に無理だろう。

あじわいの郷のエイドに到着。

スタートしてからここまで、万全の調子には程遠く、

厳しい暑さの中、とても完走できるような走りではなかった。

これまでに多くのウルトラマラソンに参加してきたが、今回は自己最悪の走り。

あじわいの郷の出口で、次の関門の制限時間は12時15分と、スタッフが告げている。

次の関門の弥栄庁舎までは4kmあまり、現在時刻は12時前。

もう間に合わないのは分かっているが、とにかく走り、弥栄庁舎のエイドに到着。

 

56km、第2関門であえなくリタイア。

あまりにもふがいない結果に終わった・・・。

 

次の予定は、2週間後の村岡100km。

気持ちを切り替えて、自己記録の更新を目指したい。

« 第16回池田池マラソン | トップページ | 丹後ウルトラの完走率 »

コメント

お疲れ様でした。
ウルトラを何度も完走されているcootさんにとっては、
今回のリタイアは納得いってないと思いますが、
今回は気象条件も厳しかったと聞いています。
もともと暑さとの戦いと言われる丹後で、
序盤から暑いのはきついですよね。
完走率もいつもと比べてもおそらく低いのでは?

村岡、仕事の都合もありますが、
現段階では何とか行けそうです。
いや、ここだけの話、前後少々無理してでも行きたいと思います。
昨年のリベンジが掛かっています。
40km前後でのすれ違いの際は、
昨年同様、エールをお願いいたします。

fujitaka_1さん、
丹後は毎回暑さに苦しめられますが、今回は異常な暑さでした。
道端の自販機の横にはどこも、ランナーが残したペットボトルの山ができてました。
ゾンビの集団が歩いているような過酷なレースになってました。

村岡、私も前後を無理してでも参加します。
昨年は膝の故障で苦しみましたが、今回は12時間以内を目指します。
お互い頑張りましょう。

お疲れ様です。
同じ日、私は田沢湖でフル走りましたが、秋田県でさえ
涼しいどころか灼熱地獄・・・。ズタズタでした・・・。
丹後も大変な気候環境だったとお察しします。

村岡は、私も初参加します。お会いできたらいいですね!

なおっちさん、
暑い中、田沢湖遠征、お疲れさまでした。
暑さにめっぽう弱い私は、100kmも走ることはできませんでした。

村岡は、サブ10を目指すつもりで走ります。
お会いできるのを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第16回池田池マラソン | トップページ | 丹後ウルトラの完走率 »