« 落選・・・神戸マラソン2012 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »

2012年7月15日 (日)

OSJおんたけウルトラトレイル100km

長野県王滝村で行われた、おんたけウルトラトレイル100kmに参加。

王滝村内の国有林道を走る100kmのコース。

スタートは日曜日の午前0時。

自宅から車で600kmあまりの道のりを運転し、土曜日の午後に会場に到着。

受付を済ませ、車の中で休憩。

午後10時過ぎに、受付会場からシャトルバスでスタート地点の王滝村小中学校に到着。

0002

スタート会場に着いた時から激しい雨が降り出した。

しかし、雨は小降りになり、午前0時、いよいよレーススタート。

まずは舗装路を、順調なペースで走り始める。

最初の10kmを1時間07分ほどで通過し、やがて林道に入る。

雨が降り続き、視界が悪く、ライトの明かりだけを頼りに走る。

足元が見えないガレた林道は走りづらく、転倒しないよう慎重に走る。

やがて雨が激しくなり、かなり寒くなってきた。

非常に走りにくい状況だが、夜が明けるまでは我慢の走りを続けるしかない。

しかし、体調不良で意識が朦朧とし、上り坂では全く走ることができない。

下り坂では何とか走るが、全くペースが上がらない。

悪天候の中、フラフラの状態で暗闇の中を走る。

こんな調子で100kmを走るのは非常に厳しいと思われるが、とにかく前へ進むのみ。

やがて空が明るくなり始め、走りやすくなってきた。

 

午前5時過ぎ、ようやく30km地点の第1関門に到着。

ボトルに水を補給し、すぐに出発。

エイドはほとんどないため、水と補給食を持って走らなければならないが、

幸い今日は涼しく、次のエイドまでに水が足りなくなる心配は無いだろう。

第1関門を通過してしばらくは、比較的走りやすい道が続く。

しかし、相変わらず体調は回復せず、我慢して走り続ける。

雨は降り続き、道はいたる所に大きな水溜りができている。

シューズはぐしょぐしょに濡れ、泥だらけになりながら走る。

0007

小エイドで水分を補給。

雨は小降りになり、かなり走りやすくなってきた。

普通に走れるまでに体調も回復し、前を行くランナーを抜きながら走り続ける。

0009

50km地点を7時間50分ほどで通過。

予定より大幅に遅れるペース。目標の14時間以内での完走は絶望的。

しかし、とにかく完走を目指して走るしかない。

ここからは厳しいアップダウンの道が続く。

上り坂では走ることができず、下り坂だけを走り続ける。

晴れていれば景色を楽しみながら走ることができるのだが、

あいにく雨が降り続き、何も無い林道をただ黙々と走るのみ。

0011_2

60km地点を9時間30分ほどで通過。

まだまだ厳しい上り坂が続く。

0012_2

同じ景色の林道が延々と続き、何も考えずにひたすら前へ進む。

上り坂でペースが落ちた分、下り坂では必死で走る。

全部で3箇所の関門があるが、まずは次の関門突破を目指す。

0013_2

ようやく第二関門(約65km地点)に10時10分頃に到着。

参加人数が多いためか、エイドにはほとんど食料が残っていない。

ここでは、事前に預けておいた着替え等の荷物を受け取ることができるため、

荷物の中から補給食のジェルを取り出し、エネルギー補給。

次の関門を目指し、厳しい上り坂へと向かう。

しかし、なかなかペースは上がらず、苦しい走りが続く。

それでも、前を行くランナーを少しずつ抜きながら走る。

0014_3

70km地点を11時間20分ほどで通過。

体力の消耗は激しいが、とにかくペースを落とさないよう進む。

0015

この大会の制限時間は20時間。

ここまで不本意な走りが続いているが、十分完走可能なペース。

まずは、次の関門を、できるだけ余裕を持って通過したい。

徐々に足が動かなくなってきたが、下り坂ではなんとか走り続ける。

0016

第3関門(約80km地点)に13時前に到着。

もう走る体力はほとんど残っていないが、ゴールまであと20km。

ここから、非常に厳しい上り坂が続く。

スピードが落ち、何度も足が止まりそうになりながらも坂を上る。

徐々に意識が朦朧とし、フラフラになりながらも、何とか進み続ける。

最も厳しい坂を上り切り、あとは残り距離を計算しながら走る。

0017

90km地点を15時10分頃に通過。

ここからゴールまでは、ほとんど下り坂。

なかなかスピードは上がらないが、最後の気力を振り絞り、必死で走り続ける。

最後の小エイドを通過。残り6.5km。

もう足は動かないが、歩きを交えながらゆっくりと走る。

ようやくゴールのスポーツ公園が見えてきた。

苦しみながらも無事にフィニッシュ。タイムは16時間38分14秒。

目標タイムには遠く及ばなかったが、何とか完走することができた。

« 落選・・・神戸マラソン2012 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »

コメント

はじめまして。
今回のおんたけ100kmに初参加したものです。

完走記を検索してこちらにたどり着き、
第2関門以降のタイムが私とほぼ同じようなので少々コメントを。

タイムを見ると第2関門以降で、抜きつ抜かれつしていると思います。
第3関門以降大きく引き離されて、ラストの下りかロードでまた私が抜いたのかな。
たぶん第3関門直前で私を抜いた方ですね。
ちなみに私は緑のレインウェアを来ていました。

私も14時間を密かに狙っていたのですが。
予想以上の大雨と朝の眠気で、完走目標に切り替えました。
最終完走率はまだ発表されてませんが。
第一関門でのリタイヤも多かったと聞いています。
朝の土砂降りがもっと長引けば、私も完走が危うかった(汗)

ほんとに大変なレースでしたね。

第三関門でソーメン食いたかったなあ。

完走おめでとうございます。そしてお疲れ様です。
トレイルで・・・100km・・・って・・・想像つきません・・・。
上には上があるんですね・・・。
しかし、そういう世界に少しずつ・・・近づいている自分・・・。

博多のランナーさん、
そうでしたか。何度もお会いしていたのかもしれませんね。
第3関門の直前の下りでは、何人かを抜いた記憶はあります。
14時間を切って、来年100マイルに挑戦するのが目標だったのですが、全然駄目でした。
ソーメン、残念でしたね。
お互い、また頑張りましょう。

なおっちさん、
ロングトレイルは、苦しいですが、楽しいです。
でも、今回は悪天候で景色も全然楽しめず、ただひたすら我慢の走りを続けるしかありませんでした。
なおっちさんも、こういう世界に近づいているというより、既に足を踏み入れている気がしますが。

おつかれさまでした。
萩どころの天候、コースではありませんな。
ブログ読みながら、よくまー無事にそれも目標届かなかったとしても
16時間まであきらめずに走り続けた精神には、感服です。

これで、萩250Kはもう手に入れたも同然の体力、気力ですわ。
それにしても、cootさんの脚は強い!!!
月1回のウルトラに、今回のトレイルですからね・・・・

今日のおじさんさま、
暗闇の中、土砂降りのトレイルを走るのは大変でした。
フラフラになりながらも、道幅が広かったので、崖から転落せずにすみました。
長い距離を走るには、まだまだ体力不足だと感じましたが、
とりあえず、無事に完走できてよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落選・・・神戸マラソン2012 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »