« 結果報告・・・サロマ湖100kmウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・神戸マラソン2012 »

2012年6月24日 (日)

第27回サロマ湖100kmウルトラマラソン

第27回サロマ湖100kmウルトラマラソンに参加。

サロマ湖畔を走る100kmのコース。

前日、朝8時半に自宅を出発し、空港へ向かう。

松山空港から、中部国際空港で飛行機を乗り継ぎ、女満別空港に到着。

レンタカーを借り、受付会場の湧別体育館に着いたのは夕方。

受付を済ませた後、網走に向かい、ホテルに宿泊。

当日朝、午前0時半起床、準備、朝食を済ませ、午前2時前にホテルを出発。

ゴール会場に車を置き、バスでスタート会場に4時頃に到着。

2012

朝から小雨が降り続き、かなり寒い。

6月だというのに、手袋、アームウォーマー等の防寒対策の装備。

午前5時、約3500人のランナーが、湧別体育館前をスタート。

制限時間は13時間。

しかし、3週間前のしまなみ100kmでは、14時間26分かかっての完走。

明らかに練習不足だが、今回の目標は10時間以内。

まずは順調なペースで走り始める。

走りやすい気象条件で、今日は日中もあまり気温は上がらないと予想される。

最初からフルマラソンの時と同じくらいのハイペースで突っ込む。

オーバーペース気味だが、楽に走れているので、あまりペースを落とさず走る。

 

10km通過 50分19秒

給水所は、5kmごとに水やスポーツドリンク、バナナなどがが用意されていて、

確実に水分補給をしながら走る。

約18km地点の三里番屋で最初の折り返し。

早朝のサロマ湖を眺めながら、気持ち良く走り続ける。

 

20km通過 1時間42分33秒

ここまでは順調なペースだが、20kmを過ぎてから、体調不良を感じ始める。

体がフラフラし、足をしっかりと運ぶことができない。

かなりまずい状態だが、極力ペースを落とさないよう、何とか走り続ける。

とにかく完走を目指すべく、走りながら回復を試みる。

しかし、徐々に走るスピードが落ちてきた。

 

30km通過 2時間40分22秒

早くも足が動かなくなり、苦しい走りになってきた。

オホーツク国道に出てからは、後続のランナーに次々と抜かれて行く。

体調は回復してきたが、走りの調子は悪くなる一方。

スピードが落ちても、とにかく走り続けることだけを考える。

 

40km通過 3時間50分42秒

今日は涼しく、非常に走りやすいが、既に足は全く思うように動かない。

42.195km地点を、4時間04分ほどで通過。目標のサブ4達成ならず。

それでも、サロマ湖の雄大な景色を見ながら気持ちを切らさず走る。

再び国道に出て、アップダウンの続く道で、さらにスピードが落ちる。

 

50km通過 5時間01分40秒

予定より遅れているが、十分完走可能なペース。

周りのランナーと抜きつ抜かれつ、黙々と走る。

55km地点のレストステーションに到着。

ここでは、事前に預けておいた荷物を受け取ることができる。

できるだけエイドでの休憩時間を短くしたいので、

おにぎりを1個いただき、水分補給をして、すぐに出発。

日中でも気温はあまり上がらず、吐く息も時折白くなる。

 

60km地点通過 6時間21分53秒

ペースはずるずると落ちているが、スピードを上げることができない。

やはり練習不足の影響が大きいが、序盤のオーバーペースが最大の要因か、

相変わらず足は思うように動かない。

 

70km地点通過 7時間49分47秒。

さらに苦しい走りになり、走り続けることができない。

時折歩きを交えながらも、とにかく前へ進み続ける。

はるばる遠く北海道までやって来て、絶対にリタイアだけはしたくない。

気力だけで完走を目指す。

 

80km地点通過 9時間25分14秒

ここからコースのハイライト、ワッカ原生花園へ向かう。

美しい景色の中を走るが、非常に苦しい走りで、なかなか足が前へ進まない。

残り時間を計算しながら走るが、足の状態が非常に悪く、全く計算どおりに進まない。

この絶景をカメラに収めたいのだが、今日はデジカメを持参していない。

記録狙いのため、何も持たずに身軽な格好でスタートした。

しかし、完走も危ういほどのボロボロの走りになっている。

ようやくワッカ折り返し。あとはゴールを目指すのみ。

 

90km地点通過 11時間05分28秒

通常なら残りの距離をほとんど歩いても十分完走可能なペースだが、

歩くスピードが極端に落ちているため、歩いていては完走できない。

残りの距離と時間を計算しながら、ギリギリのペースで走る。

ようやくワッカ原生花園を後にし、残り2km。

足は思うように動かないが、いよいよラストスパートに入る。

 

Finish 12時間43分44秒

自己記録にも程遠いタイムだが、苦しみながらも無事に完走。

 

しかし、予定よりかなり遅い時間のゴールとなったため、

飛行機の出発まであまり時間が無い。

すぐに会場を後にし、女満別空港までレンタカーを走らせる。

慌しく北海道を後にし、最終便で羽田空港へ向かった。

 

今回は、練習不足もあったが、走りやすい気候で、オーバーペースになったため、

後半、特に80kmからのワッカ原生花園では、非常に苦しい走りになった。

完走はしたものの、100kmを走る難しさを、改めて感じる結果となった。

« 結果報告・・・サロマ湖100kmウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・神戸マラソン2012 »

コメント

完走おめでとうございます。
前半の果敢なハイペース!感銘を受けます。
私も同じタイプなもので・・・。
しかし、ウルトラはほんと奥が深いですね。

なおっちさん、
いつものことながら、前半突っ込みすぎて、後半大失速。
今回は、終盤は歩くよりも遅いくらいのペースにまで落ちてしまいました。
ウルトラは、勢いだけでは走れないようです。

完走、おめでとうございます。たまたまサロマ100キロで検索してお邪魔しました。

フルマラソンしか走った経験がないので、100キロは夢のまた夢です。

まささん、
100kmは、フルマラソンとは違った楽しさがあります。
距離が長い分、ゴールした時の喜びも大きいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果報告・・・サロマ湖100kmウルトラマラソン | トップページ | 落選・・・神戸マラソン2012 »