« 当選???神戸マラソン2011 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »

2011年7月17日 (日)

OSJおんたけウルトラトレイル100km

長野県王滝村で行われた、OSJおんたけウルトラトレイルに参加。

王滝村国有林内の林道を走る100kmのコース。

今年から100マイルの部も新設されたが、

100kmの部で14時間以内に完走すれば、100マイルの出場資格が得られる。

車で愛媛の自宅を出発、約10時間運転し、会場の松原スポーツ公園に到着。

Photo

受付を済ませ、車の中でしばらく休憩。

車の中で軽い夕食を済ませ、レースのための装備を整えて、

午後10時頃にシャトルバスでスタート地点の王滝村小中学校に向かう。

Photo_2

競技説明の後、午前0時に約600人のランナーが一斉にスタート。

制限時間は20時間。

暗闇の中、完走を目指して走り始める。

王滝村の中心部を抜け、真っ暗な林道に入る。

コースの大半はガレた林道で、かなり走りにくい。

ライトの明かりを頼りに、転倒しないよう慎重に走る。

序盤から調子は良くないが、涼しい夜中のうちに距離を稼いでおきたい。

山岳レースなので、当然アップダウンばかりが続く。

早くも苦しい走りだが、まずは第1関門を目指す。

最初の関門は33km地点くらいだと聞いていたが、なかなかたどり着かない。

徐々に夜が明けてきた。

そして関門閉鎖の約30分前、5時間30分ほどで、ようやく第1関門に到着。

Photo_3

ロードのレースとは違い、どれくらいのペースで走れるのか想定できない。

しかし、足はまだ元気なので順調に走り続ける。

Photo_4

今日は朝から非常に良い天気で、かなり暑くなりそうだ。

コース上には大エイドが3ヶ所、小エイドが3ヶ所用意されている。

それ以外に、道端の湧き水で水分補給をできる天然エイドもある。

Photo_5

ここまでは、まだ十分に完走可能なペース。

しかし、目標の14時間は既に絶望的になっているので、

無理をせずに時間内の完走を目指す。

Photo_6

小エイドで水を1杯いただき、先へ進む。

今日は雲ひとつ無い青空が広がり、コース上から眺める景色は素晴らしい。

しかし、まだ半分も着ていないが、かなり体力は消耗している。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

50km地点を通過。残り半分。

制限時間まで12時間あまり残っている。まだ余裕で完走できるペース。

Photo_11

しかし、強烈な日差しが照りつけ、体力の消耗が激しくなる。

上り坂を走るのはあきらめ、下り坂だけを走る。

Photo_12

1kmを10分くらいのペースで進んでいるが、

次の関門には十分間に合うはず。

だらだらとした上り坂を、ただひたすら歩き続ける。

Photo_13

60km地点を午前10時前に通過。

体力は限界で、フラフラになりながら坂を上る。

まだ午前中、これからさらに日差しが強くなることを考えれば、

今の状態では、とても体力が持つとは思えない。

歩き続けることも困難になり、どんどんペースが落ちる。

しかし、強烈な炎天下の中、とにかく次の関門にたどり着かなければならない。

Photo_14

まだ走れる足は残っているのだが、体が全く動かない。

ゆっくりと進み続け、65km地点の第二関門に到着。

この5kmに1時間半も要した。

関門には間に合ったが、もう体が動かない。

先に進むことを断念し、ここでリタイア。

まだ関門閉鎖前だが、多くのランナーがここでリタイアしている。

完走に向けて順調に進んでいたはずが、どうしてこうなったのか。

また来年リベンジを目指すしかない。

« 当選???神戸マラソン2011 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »

コメント

実に、過酷なトレイルですねえ。私、密かに、申し込みだけしていたんですが、結局、迷いに迷って、入金せず。 (>_<)

長野までの距離ってこともありますけど、本音は、コースが怖かったんです。
cootさんの走りを、読み進めるにつれて、半端じゃないなあ、ここは ! って、改めて思いました。

GBDさん、
ひたすら林道を走るコースなので、走れないほどのコースではないと思うのですが、
何しろ暑くて暑くて、山の上の日差しは想像以上で、熱射病と熱中症のような状態でした。
この大会、今年から100マイル(約160km)の部ができたのですが、50人ほどが出走して、わずか20人しか完走してません。私には出場することすらできませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当選???神戸マラソン2011 | トップページ | 落選・・・四万十川ウルトラマラソン »