« 第49回愛媛マラソン | トップページ | 桜が開花 »

2011年2月27日 (日)

東京マラソン2011

東京マラソンに参加。

30万人を越える応募者の中から当選し、3年ぶり2回目の出場を果たした。

前日、松山空港から飛行機に乗り、羽田空港に到着。

東京ビッグサイトで受付を済ませた後、新宿の都庁近くのホテルに宿泊。

当日、朝7時過ぎに会場入りしたが、スタートまでは、まだ2時間もある。

参加者の数は35,000人で、混雑を避けるために、早めに荷物を預ける。

Dvc00124

あまりの人の多さで、知り合いのランナーも見つけることができないため、

スタート時間の1時間以上前にスタート地点に入る。

続々とランナーが集まり始め、仮装ランナーの姿も多い。

やがてスタート地点はランナーで埋め尽くされ、身動きも取れなくなった。

東京マラソン5回連続当選の関西の某氏と雑談をしながら時間を待つ。

しかし、寒い中、人ごみの中で1時間も立っているだけで疲れ果てた。

開会式の後、午前9時10分にスタートの号砲。

紙吹雪の中、スタートラインを駆け抜け、コースへと出て行く。

スタート時のロスタイムは13秒。

最初の5kmは下り坂のため、極力ペースを抑えるつもりだったが、

周りのペースにつられ、いきなりオーバーペースで走り始める。

全くペース感覚がつかめないまま、体が冷え切った状態でのハイペース。

沿道を埋め尽くした大観衆の声援につられ、スピードを抑えられない。

ランナーの数は多いが、かなり前方を走っていることもあり、

道幅も非常に広く、ストレス無く走ることができる。

 

日比谷公園前の10km地点を47分15秒で通過。

ここで10kmの部のランナーと別れ、品川方面へ向かう。

沿道では関東のラン仲間も応援してくれているが、

あまりの人の多さで、声をかけてくれても簡単に見つけることができない。

東京タワーを右手に見ながら、増上寺前を通過。

給水所にピラミッドのように並んだコップの数も、大会規模の大きさを感じる。

今日は気温が高いため、しっかりと給水しながら走る。

15kmを通過し、品川駅前で折り返し。

後続のランナーとすれ違いながら、再び日比谷方面へ向かう。

天気が良く、東京タワーもきれいに見える。

東京タワーを背に、道路を埋め尽くしたランナーが走る光景は圧巻。

序盤から苦しい走りが続くが、すっかり観光モードでの走りになってきた。

 

20km地点を1時間35分30秒で通過。

日比谷の交差点を右折し、銀座方面へ向かう。

今回はプチ仮装をしてみたが、それだけで沿道の声援が増える。

和光の角を曲がり、銀座のど真ん中を走る。

完全交通規制された都会のど真ん中を思いっきり走れるのは、気持ちが良い。

給食所には、きれいに剥かれ、一口サイズに切られた大量のバナナ。

一切れをつかみ、走りながら食べてみた。

遅いながらも、何とかペースを安定させ、浅草へと向かう。

27kmを過ぎ、浅草の雷門の前にやってきた。

そして、雷門前で右折した途端、目の前には高くそびえる東京スカイツリー。

まだ建設中だが、現在の高さは約600m。

青空の下、初めて見るスカイツリーの姿は圧巻。

持っていた携帯で写真を撮りたかったが、折り返し付近で道幅があまり広くなく、

ここで急にスピードを緩めると後続のランナーに迷惑なので断念。

再び銀座方面へ向かって走る。

 

30km地点を2時間25分40秒で通過。

一向にペースは上がらないが、黙々と走り続ける。

沿道をびっしりと埋め尽くした大観衆の声援は途切れることがなく続く。

折り返しに向かう同じ愛媛から参加のランナーが、声をかけてくれた。

せっかくなので、走るスピードを落とし、すれ違いざまにエール交換。

自己ベストを狙えるペースでもないので、大会を楽しみながら走る。

こちらは、ある程度ランナーがばらけていて走りやすいが、

浅草へ向かう対向車線のランナーは、かなりごった返している。

銀座から左折して晴海通りに入り、35kmを通過。

かなり苦しい走りになり、スピードが落ちてきた。

踏ん張りどころの佃大橋の手前で、3時間30分のペースランナーに抜かれた。

ついて行くことができず、気持ちが折れ、さらにペースダウン。

ここからゴールまでは橋がいくつかあり、コース上で最もアップダウンがある。

 

40km地点を3時間23分04秒で通過。

足が思うように動かないが、ゴールまでのラストスパートに入る。

最後の直線を走り、ようやくフィニッシュ。

Goal

ゴール後、バスタオルをかけて貰い、チップをはずし、完走メダルを貰い、

アミノバリュー、エアーサロンパス、みかん、バナナ等々を貰い、

ずいぶん歩いて、ようやく預けた荷物を受け取り、更衣室にたどり着いた。

さすがに大規模な大会、ゴール後もしっかり歩ける体力が必要だ。

そして結果は、3時間36分38秒。

全く調子は上がらず、都会のビル群の中でペース感覚が麻痺したこともあり、

自己ベストには遠く及ばなかったが、最後まで大会を楽しむことができた。

そして、天候にも恵まれ、都会のど真ん中を気持ち良く走ることができた。

« 第49回愛媛マラソン | トップページ | 桜が開花 »

コメント

東京マラソンお疲れ様です。
しかも2回目ですか~。うらやましいです。
今年は天気も良く絶好のラン日和みたいでしたし。
落選組の私は、東京マラソン当日は引越しの準備をしてまして、東京マラソンの余韻も無い3/1に東京に転勤しました。なんとも運命的なツキの悪さです。
しかし、当選してたらもっと不幸な状態だったかも・・・と思ってます。
今後は転勤を機に、東の大会が多くなると思います。
また、単身なので走るチャンスも増えそうです。
しばらくは飲み会ラッシュで全然練習出来てませんが、篠山はじめいろいろレースだけはエントリーしています。
cootさんのように、楽しく、崩れず、安定して走れるランナーになりたいです。

なおっちさん、
東京は大会がたくさんあるので、うらやましいです。
これからもガンガン大会で走ってください。
私も、たまには関東の大会に出たいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第49回愛媛マラソン | トップページ | 桜が開花 »