« 第12回国営讃岐まんのう公園リレーマラソン | トップページ | 第49回愛媛マラソン »

2011年1月23日 (日)

千羽海崖トレイルランニングレース2011

徳島県美波町で行われた、

第2回千羽海崖コースタル・トレイルランニングレースに参加。

コースは約34km、制限時間は7時間45分。

前日に会場のうみがめ荘で受付をした後、阿南市内のホテルに宿泊。

当日、午前7時頃に日和佐総合体育館に到着し、スタートの準備。

午前7時30分からスタート地点で開会式。

Imgp0845

午前8時に300名近くのランナーが竜宮公園をスタート。

いきなりの上り坂で、少し渋滞が発生するが、すぐに解消。

しかし、厳しい上り坂と急激な下り坂の繰り返しで、

予想以上の厳しいコースに、序盤から苦しめられる。

まずは、約7km地点の第1関門を目指す。

Imgp0851

第1関門の制限時間は、スタートから1時間45分。

しかし、厳しいコースで、全くペースを上げることができない。

上り坂は歩きを交えながらも、下り坂では全力で走り、

ようやく第1関門の白沢エイドに1時間20分ほどで到着。

ここからさらに、厳しい上り坂が続く。

Imgp0855

上り坂の後は、厳しい下り坂。

どこまでもこの繰り返しで、足へのダメージは大きい。

Imgp0856

山の中を走り続けているが、

視界が開けた場所では、眼下に絶景が広がる。

Imgp0857

復路に入り、しばらく林道を走る。

まだ残り半分。

5時間程度での完走を目標にしていたが、このペースでは無理だろう。

もうタイムはどうでもよいので、とにかく完走を目指す。

Imgp0861

しばらく走り、さらに険しい上り坂に差しかかる。

コース最大斜度の急傾斜で、時々手を使いながら登る。

ようやく急斜面を上り切り、また下り坂を走る。

Imgp0862

ようやく約23km地点の第2関門に、スタートから4時間近くかかって到着。

コース上にエイドは、この白沢エイド1箇所のみで、往復で2回通過する。

エイド以外では、背中のハイドレーションから水分補給。

Imgp0864

ここからは、まだまだ厳しいアップダウンが連続する。

上り坂では足が動かず、かなりペースが落ちる。

下り坂では足への衝撃が大きく、我慢の走りが続く。

Imgp0868

コースから望む千羽海崖の景色は素晴らしい。

Imgp0869

これでもかというほど、厳しい登りと下りは続く。

しかし、徐々にゴールは近づいてきている。

そしてようやく最後のトレイルを下り、舗装路に出た。

ここからゴールまで約2kmをラストスパート。

Imgp0872

ようやく大浜海岸のゴールに到着。

ゴールテープを切り、ゲストランナーの鏑木選手が握手で迎えてくれた。

タイムは6時間10分11秒。

予想をはるかに超えるアップダウンの連続に苦しめられ、

全く思うような走りはできず、足のダメージも大きかったが、

最後まで楽しく走ることができた。

« 第12回国営讃岐まんのう公園リレーマラソン | トップページ | 第49回愛媛マラソン »

コメント

しかし、こんな過酷なコースを写真撮りながらランされてるCootさんはすごい。
文章だけでも楽しさ大変さは伝わって来ますが、
写真で風景や山道を見せていただくと、すごく臨場感があってすごく走ってみたくなります。
トレイルはほとんど初心者で、昨年12月に京都であった「東山36峰マウンテンマラソン」に初参加したくらいですが、ちょっとおもしろさを掴みかけてたところです。Cootさんのブログを見て、今年はちょっとトレイルにチャレンジしてみようかな~とひそかに思い始めています。
また、素晴らしいレースの報告楽しみにしています。

↑名前が抜けていました。すいません。

なおっちさん、
トレイルは楽しいですが、私も初心者で技術も無いので、抜かれてばかりです。
でも、いつかは100マイルを走れるように、まだまだ懲りずにチャレンジしていきたいと思います。

お疲れ様でした。
強烈なコースでしたね。
わたしもホトホト疲れました。
今日も筋肉痛が取れません。
ゼッケン聞いておけばよかったです。
では、次の機会に。


アッキーさん、お疲れさまでした。
私もいまだに走ることができないほどの筋肉痛です。
トレイルを甘く見すぎてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第12回国営讃岐まんのう公園リレーマラソン | トップページ | 第49回愛媛マラソン »