« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

第13回村岡ダブルフルウルトラランニング

兵庫県香美町村岡区で行われた、

第13回村岡ダブルフルウルトラランニング、100kmの部に参加。

厳しいアップダウンが続く、日本屈指の山岳ウルトラ。

前日、車で村岡入りし、受付を済ませた後、ホテルに宿泊。

当日朝4時前に会場に到着し、スタートの時間を待つ。

2010_1

スタート前に降り出した雨は上がり、

午前5時、88kmと100kmの部のランナーが村岡小学校前をスタート。

ゆっくりとしたペースで村岡の中心部を走り始める。

村岡の商店街に灯された、ちょうちんの灯りがきれいだ。

再びスタートゲートをくぐり、最初の上り坂へと向かう。

先週の丹後100kmは、遅いながらも無難に完走することができたが、

今日は足の調子が悪く、体の調子も今ひとつで、100km走るのは厳しい状態。

10km手前から、早くも上り坂で走るのが苦しくなり、少し歩きを入れる。

どこまで走れるかわからないが、とにかく行けるところまで行くしかない。

続きを読む "第13回村岡ダブルフルウルトラランニング" »

2010年9月19日 (日)

第10回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン

京都府京丹後市で行われた、

第10回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン、100kmの部に参加。

前日、朝10時前に車で自宅を出発し、夕方16時前に会場に到着。

受付を済ませた後、京丹後市内のホテルに宿泊。

朝、3時半頃に会場入りし、荷物を預け、スタートの準備。

2010_1

午前4時30分、1000人を超えるランナーがアミティ丹後をスタート。

後方からゆっくりとスタートし、のんびりとしたペースで走り始める。

いきなりの上り坂が続くが、暗くてどのくらいの勾配なのか良くわからない。

しかし、まだ夜明け前で涼しく、楽に走ることができる。

七竜峠への上り坂を難なく走り切り、久美浜へ向かう。

10km地点を1時間05分ほどで通過し、しばらく平坦な道を走る。

太陽が昇り、今日は暑くなりそうだ。

しかも、左足に痛みがあり、全く思うような走りができない。

とにかく完走することだけを考え、スローペースで走り続ける。

続きを読む "第10回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン" »

2010年9月12日 (日)

第12回池田池マラソン

愛媛県新居浜市の池田池周回コースを走るマラソン大会。

フル百回楽走会会員のMさん夫妻が手作りで主催する。

1周2.815kmのコースを15周するとフルマラソンの距離になるが、

走る距離は自由で、それぞれのペースで走る。

猛暑の中、午前9時にスタート。

暑さのせいか、全く思うようなスピードで走れない。

来週、再来週と、100kmの大会が続くため、

気温35℃の暑さの中で無理はせず、8周約22kmで走るのをやめた。

Ikeda201009_2

2010年9月 8日 (水)

《大会情報》第49回愛媛マラソン受付終了

9月1日からエントリーが開始された愛媛マラソン。

9月8日に定員に達し、募集が終了した。

約1週間で定員の5000人に到達。予想以上の早さだった。

大半は県内からの参加者のようで、

ついに愛媛にもマラソンブームがやってきたようだ。

2010年9月 5日 (日)

大会パンフレット

大会パンフレットをよく見ると、自分の走る姿が載っていることがある。

今年から来年にかけての大会パンフレットから、

2imgp0640 村岡ダブルフル

2imgp0641 海部川風流マラソン

2imgp0642 三木総合防災公園マラソン

海部川風流マラソンの写真では、中山竹通選手の一歩前を走っている。

この後、あっさりと抜かれたのだが。

2010年9月 2日 (木)

《大会情報》第49回愛媛マラソン申込状況

愛媛マラソンの申込みが昨日から開始されたが、

9月2日午後5時現在で、エントリーは2000人を超えているとのこと。

定員は先着5000人。

参加を予定されている方は、早めに申込みをされることをお勧めします。

2010年9月 1日 (水)

《大会情報》第49回愛媛マラソン受付開始

来年2月に開催される愛媛マラソンの受付が始まった。

今年から制限時間が緩和され、新しく生まれ変わった愛媛マラソン、

次回も、今年と同じ北条折り返しのコースで開催される。

開催日は平成23年2月6日(日)、9:30スタート、制限時間6時間。

申込期間は、平成22年9月1日~10月31日。

Photo

まだまだ先だが、ベストの走りができるよう調整していきたい。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »