« 王滝村 | トップページ | 第10回24時間リレーマラソン神戸大会(前半) »

2010年7月18日 (日)

OSJおんたけウルトラトレイル100km

OSJおんたけウルトラトレイル100kmに参加。

長野県王滝村の、国有林内の林道を走る100kmのコース。

初めてのロングトレイル挑戦だが、どんなコースか全く知らない。

午後11時30分から、スタート地点で開会式と競技説明が行われる。

コース途中の土砂崩れのため、一部迂回路を走るルートに変更され、

実際の距離は105.7kmとのこと。

Photo

午前0時、約700人のランナーが王滝村小中学校をスタート。

最初は舗装路をゆっくりと走り始める。

やがて林道に入るが、道はぬかるんでいる。

真っ暗闇で周りの景色は全く見えず、ヘッドライトの明かりを頼りに走る。

かなりガレた林道は非常に走りづらく、

何度も石につまづき、足への負担が大きい。

ところどころに大きな水溜りもあり、泥だらけになりながら走る。

序盤は順調なペースで走り続け、最初の小エイドに到着。

Photo_2

栄養ドリンクをいただいて、先へ進む。

コース上には、大エイドが3ヶ所と、小エイドが3ヶ所用意されている。

真っ暗な林道を走り続けるが、

30kmあたりで早くも苦しい走りになってきた。

午前4時を過ぎ、徐々に明るくなり始め、走りやすくなってきた。

Photo_3

しかしコースはでこぼこで、転倒しないよう慎重に走る。

まずは第1関門を目指すが、なかなかたどり着かない。

ようやく、約40km地点の第1関門・大エイドに到着。

Photo_4

時刻は午前6時。

パワーバー、きゅうり、バナナをいただく。

厳しいアップダウンが続き、上り坂は歩き、下り坂は全力で走るが、

でこぼこの林道のため、全く思うようなスピードでは走れない。

Photo_5

50km地点を7時間45分ほどで通過。

走りは苦しいが、天気がよく、景色はすばらしい。

Photo_6

約55km地点の小エイドで水を一杯いただく。

Photo_7

エイドの飲み物は水だけだが、

コース上には天然エイドステーションがいくつもあり、

沢や川の冷たい水を飲むことができる。

Photo_8

Photo_9

60km地点を通過。

Photo_10

日差しが強く、予想以上の暑さで体力の消耗が激しくなる。

所々で、道端にうずくまっているランナーもいる。

炎天下の中、厳しい上り坂が続き、大きくペースダウン。

歩くことも苦しい状態になってきた。

とにかく次の関門にたどり着かなければならない。

Photo_11

Photo_12

70km地点を12時間30分で通過。

なかなか体が前に進まず、炎天下をあと何時間も走るのは困難。

第2関門に到着。

先へ進むことを断念し、リタイア。

ふがいない結果に終わった。

« 王滝村 | トップページ | 第10回24時間リレーマラソン神戸大会(前半) »

コメント

お疲れさまでした!

僕は5月のつるぎトレイルで初めてトレランの大会に出場しましたが、ロードとはまた違うキツさを感じました。
山や森の木陰を走るのかと思いましたが、写真をみるとほとんど日なたでタフなコースっぽいですね。

ゆっくり休んでください。

凄いレースに、出られましたね。昨年走られた方の日記を読んでて、それだけで、引いてしまいました、私。でも、いい経験になられたのでは ?

村岡、頑張りましょう ! 私、出ます。

その前に、丹後も走られるんでしたね。凄すぎです !!

ドン・フライさん、
トレイルはロードとは違った楽しさ、キツさがあります。
私も、森の木陰ばかり走れるのかと思ってましたが、
日陰の無い炎天下を走り続けて、身体がついていきませんでした。
次回は、しっかり完走できるよう対策を考えたいと思います。

GBDさん、
制限時間20時間なので、余裕で完走できると思ってましたが、
暑さでフラフラになってしまいました。
でも、確かにいい経験になりました。
村岡、お互い頑張りましょう。
私は、丹後、村岡、四万十の3連戦完走を目指します。

COOTさんを持ってしても厳しいレース、想像できない位大変なレースですね。今後の3連戦完走できることをお祈りします。頑張ってください。

チーム夢伝説さん、
炎天下のトレイルは厳しかったですが、
まだまだ根性が足りません。
でも、暑い夏に走るのは大変です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王滝村 | トップページ | 第10回24時間リレーマラソン神戸大会(前半) »