« 南牧村 | トップページ | 東京 »

2010年5月16日 (日)

第16回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン

星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンに参加。

長野県南牧村の南牧村社会体育館前をスタートし、

小海町、北相木村、南相木村、川上村を走り、南牧村に戻る100kmのコース。

種目は100kmのほかに、42km、71kmの部がある。

アップダウンの厳しいコースだという噂は聞いているが、

初めての参加なので、どんなコースが待ち構えているのか全く知らない。

果たして無事に完走できるのだろうか。

Photo_6

午前5時、スターターの荒川静香さんによる号砲で、一斉にスタート。

100kmの参加者は1700人あまり。42km、71kmを合わせると2400人ほど。

気温は5℃を下回り、非常に寒い。

しかし、ほとんど防寒対策を考えずに会場にやってきた。

とりあえずアームウォーマーは持ってきたが、手袋も持ってくればよかった。

深い霧の中を、まずは順調なペースで走り始める。

今日も調子は良くないが、とにかく完走を目指す。

最初の5kmを25分ほどで通過。少し速すぎるペース。

7km付近でJR最高地点を通過し、林道へと向かう。

Photo_7

深い霧で前が見えないが、早くもかなり苦しい走りになっている。

コースの状況がわからないが、かなりの上り坂なのかもしれない。

10km地点を59分ほどで通過。

未舗装の林道を走り続けるが、全くペースは上がらない。

15km地点を1時間42分ほどで通過。

Photo_8

黙々とトレイルを走っているうちに、霧が晴れてきた。

八ヶ岳の姿がきれいに見える。

しかし、相変わらず調子は悪く、苦しい走りが続く。

まだ序盤なので、焦らず、ゆっくりとしたペースで進む。

Photo_9

標高1908mのコース最高地点を通過。

スタート地点から550mほどの標高差を上ってきたようだ。

20km地点の通過が2時間18分ほど。まずまずのペースだろうか。

下り坂になり、一気にスピードを上げて走ろうとするが、

トレイルは思うようには走れず、転倒しないように慎重に下る。

Photo_10

25km地点を2時間50分ほどで通過。

エイドステーションは5kmおきくらいにあり、飲み物や食べ物を補給する。

初めての参加で、コース図も全く頭に入っていないこともあり、

ペース配分を考えず、足の調子に任せて走る。

30km地点を3時間28分ほどで通過。

ここまで厳しいアップダウンが続いているが、予定よりは遅いペース。

しかし、寒さも和らぎ、徐々に体の調子は良くなってきた。

Photo_11

35km地点、稲子湯のエイドを3時間58分ほどで通過。

このエイドには、おしるこもあり、多くのランナーで賑わっている。

どこまでもアップダウンが続くコースだが、

足の調子は今ひとつで、上りで全く思うように走ることができない。

無理をせず、景色を見ながらゆっくりと進む。

Photo_13

今日は天気が良く、景色もきれいに見える。

しかし、気温がじわじわと上昇し、少し暑くなってきた。

40km地点を4時間39分ほどで通過。

予定より遅いペースだが、ここにきて足の調子は良くなってきた。

Photo_14

フルマラソンの距離を超え、さらにペースを上げて走る。

45km地点を5時間11分ほどで通過。

得意の下り坂では、スピードを上げて走り続ける。

目標タイムよりは遅れているが、まだ十分に完走は可能だ。

50km地点を5時間40分ほどで通過。

ここにきて6分/kmを切るペースまで回復してきた。

しかし、日差しが強くなり、かなり暑くなってきた。

上り坂では少し歩きを交えながら進む。

Photo_15

58km地点の北相木村役場のエイドに到着。

ここでは、預けておいた着替えなどの荷物を受け取ることができる。

おにぎりを1個頂き、少し休憩してから出発。

60km地点を7時間17分ほどで通過。

序盤に比べると走りは快調。

完走に向けて残り時間を計算しながら走る。

しかし、厳しい上り坂になり、大きくペースダウン。

70km地点を8時間46分ほどで通過。

滝見の湯のエイドでそばをいただき、馬越峠へと向かう。

厳しい上り坂が続き、ほとんど歩いて登る。

Photo_16

走れないほどの坂ではないが、走ってもあまりスピードは変わらない。

周りのランナーも、みんな黙々と歩き続けている。

早歩きで、前を行くランナーを少しずつ抜きながら坂を上る。

だが、長い上り坂で、徐々に足が疲れてきた。

Photo_17

ようやく79km地点、馬越峠のエイドに到着。

ここから急激な下り坂が続く。

下り坂では、まだまだ元気に走り続けることができる。

80km地点を10時間25分ほどで通過。

制限時間の14時間までは、まだ十分に時間がある。

途中に6ヵ所の関門があるが、ここまでは余裕でクリアできたようだ。

時間的には十分完走可能であることを確信し、走り続ける。

90km地点を11時間38分ほどで通過。

ここからしばらく上り坂が続く。

しかし、ここにきて全く走れなくなり、大幅なペースダウン。

歩くことも苦しい状態になってきた。

残りの距離を全部歩いても完走はできるので、少し歩いて足を回復させる。

Photo_18

徐々に足の状態は回復し、少し走るペースを上げる。

しかし、このままゴールするのも名残惜しくなってきた。

野辺山は非常に遠く、この大会に参加するのはなかなか難しいため、

またこの大会に参加する機会があるかどうかわからない。

まだまだ余力は残っているが、ゆっくりと走る。

Photo_19

残り1kmを切り、ゴールまであとわずか。

野辺山駅前の角を曲がってから、ラストスパート。

ようやく南牧村社会体育館前のゴールに到着。

Photo

タイムは13時間31分26秒。無事に完走。

厳しいアップダウンの続く、楽しく走れるコースで、

100kmを気持ち良く走ることができた。

« 南牧村 | トップページ | 東京 »

コメント

お久しぶりです。旧masa33こと、チーム夢伝説です。萩往還につぐウルトララン、素晴らしいですね。しかも、見事完走。「気ままなひとり旅」さんのモチベーションと体力のレベルの高さに驚かされます。
さて、実は私も「にちなんおろちマラソン」で初のウルトラ挑戦です。できましたらひとり旅さんの後ろを可能な限り追走させていただければと思っています。それが、ただ一つの完走への足がかりと思っています。ご検討の程、よろしくお願いします。
以上

masa33さん、
今回はなんとか制限時間内にゴールできました。
にちなんおろちは最後の大会なので、とにかく完走したいと思います。
私は走るのは苦手ですが、お互い頑張りましょう。
ゼッケンは10番です。

ありがとうございます。仰るとおり、にちなんおろちは最後の大会。そして、私にとって初のウルトラ。なんとしても完走したいと考えていますが、両膝に不安のある状態ですので、ひとり旅さんという目標があるのは大変心強いです。私は、208番です。前日の夕方に会場入りする予定です。
当日を楽しみにしております。

お疲れ様でした。

『野辺山を制する者は、ウルトラを制する。』、とかいうそうです。それだけ、ここのコースは、ハードらしいです。マラソンじゃなくて、登山だよ、ここは・・・・そんなふうに書かれていた方も、いらっしゃいました。素晴らしいです、完走なさって。


そうそう、生意気に、萩往還に続いて、日南おろちファイナル100km、私も、走ります。(>_<)

GBDさん、ありがとうございます。
厳しいアップダウンのコースだったので、序盤から登りはできるだけ歩いて、下りを全力で走る作戦にしましたが、関門を気にすることなく完走できました。

にちなんおろち、お互い完走目指して頑張りましょう。

こんばんは、cootさん!

遅くなりましたが、野辺山完走おめでとうございます!!
次は隠岐ですね。お会いできるのを楽しみにしています♪
しかし、隠岐の翌週ににちなんおろちとは…(驚!)
年間10レース以上ウルトラ走られてるんじゃないですか?
cootさんは間違いなくウルトラマスターですよ!

eddyさん、こんにちは。
昨年初めて100kmウルトラを完走し、まだ完走がやっとの初心者ですが、
今年はウルトラを10レースくらい予定しています。
隠岐の島は、仕事の都合で参加できない可能性も残ってますが、
何とか出場して完走を目指したいと思います。
隠岐でお会いしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南牧村 | トップページ | 東京 »