« 第11回池田池マラソン | トップページ | 第22回萩往還マラニック »

2010年4月25日 (日)

とくしまマラソン2010

とくしまマラソン2010に参加。

徳島中央公園前をスタートし、吉野川沿いを走る42.195kmのコース。

少し気温は低いが、朝から快晴で、雲ひとつ無い青空が広がる。

Tokushima2010_1

午前9時に、徳島中央公園「鷲の門」前を、約7,000人のランナーがスタート。

陸連登録の部で出場のため、スタート時のロスタイムは7秒。

目標の3時間30分を目指し、最初から速いペースで走り始める。

しかし、調子は今ひとつで、最近1週間は全く走っていない。

最後まで走りきれるかどうかわからないほど調子は悪い。

最初の5kmを22分50秒ほどで通過。少し速すぎるペース。

沿道では多くの人々が声援を送ってくれている。

徐々にペースが安定し、吉野川の堤防道路を黙々と走る続ける。

この大会に出場するのは今回で3回目だが、

年々人気が高まり、今回は申し込み開始からわずか2日で締め切られた。

川沿いを走るので、風は強いが、コースは平坦で走りやすい。

 

10km地点を47分50秒ほどで通過。

給水所は全部で12ヶ所有り、確実に水分補給をしながら走る。

15km地点を1時間12分ほどで通過。順調なペース。

昨年苦しめられた向かい風は無く、マイペースで走り続ける。

折り返し地点へ向かうコースは昨年から変更され、改善されている。

 

20km地点を1時間37分ほどで通過。

西条大橋を渡り、川の対岸へ出る。

ここからは、吉野川の下流に向かってゴールを目指す。

25km地点を2時間2分ほどで通過。

少しペースが落ち、徐々に苦しい走りになってきた。

苦になるほどではないが、少し向かい風になる。

しかし、少しずつスピードは落ちてきている。

 

30km地点を2時間30分ほどで通過。

全く思うような走りができなくなり、かなりペースが落ちる。

とにかく完走を目指して、のんびりと走ることにする。

今日は天気が良く、吉野川の風景もきれいに見える。

35km地点を3時間2分ほどで通過。

もうタイムはどうでもよくなり、さらに走るスピードを落とす。

来週の萩往還140kmに向け、足を温存することにする。

 

40km地点を3時間40分ほどで通過。

ゴールまであと少し、ゆっくりと走り続ける。

ようやく徳島市陸上競技場のゴールに到着。

結果は3時間54分12秒。なんとか4時間を切ることができた。

楽しく走れる、いい大会だった。

Tokushima2010_2

全く不本意な結果に終わったが、無事に完走することができた。

これで、今シーズンのフルマラソンは終了した。

« 第11回池田池マラソン | トップページ | 第22回萩往還マラニック »

コメント

お疲れさまでした。

僕も去年に続いての参加でしたが、自己記録を更新することができて良かったです。

今年は去年より3000人も増えたので、運営がスムーズなのか心配でしたが、杞憂でした。天候が良かったせいか、沿道の応援も去年より多く、走っていてほんと楽しかったです!

萩往還は、僕の知人も参加しますが、由緒ある古道を気持ちよく走ってきて下さい!

ドン・フライさん、お疲れさまでした。
自己記録更新おめでとうございます。
参加者が増えて、すごく賑やかでしたね。天気も良くて楽しい大会でした。
来月からは、しばらくウルトラに専念しますが、フルマラソンと違って、ゆっくりと走れるので気が楽です。

お疲れ様でしたsmile
コースは面白味がなかったですが、アクセスのしやすさや
イベント性が人気を後押してると思いました。

萩往還はいつか走ってみたいと思いますが、まだまだ
そんなレベルではないので、ご活躍を期待しております、

みっちゃん、お疲れさまでした。
単調なコースですが、沿道の声援も多くて、
飽きることなく走れました。
萩往還も練習なしのぶっつけ本番になりそうですが、
なんとか頑張りたいと思います。

お疲れ様でした。
「不本意」とありながら、
サブ4を着実に重ねておられるのがすごいです。
私は、今期最後のフルは、
苦しい走りになりました。
もともと少し体調が思わしくなかったというのが
もろに影響しました。
大会自体は、振り返ってみて、
盛り上がっていて良かったと思います。
人は多かったですね。
今までは、参加人数が多い大会でも
cootさんにはお会い出来ていたのですが、
今回はお会い出来ませんでしたね。
5月以降、参加大会は異なるとともに、
私は回数が減りそうですが、
また楽しく走りたいものです。

fujitakaさん、お疲れさまでした。
私も今回は最後まで走れる体力がありませんでしたが、
それでもサブ4を達成できたのは奇跡です。
大会は盛り上がっていましたが、楽しむ余裕もありませんでした。
これからも、お互いぼちぼち走りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第11回池田池マラソン | トップページ | 第22回萩往還マラニック »