« ≪大会情報≫第48回愛媛マラソン | トップページ | 第12回村岡ダブルフルウルトラランニング »

2009年9月20日 (日)

第9回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン

京都府京丹後市で行われた、

第9回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン、100kmの部に出場。

前日朝9時に車で自宅を出発したが、高速道路は各地で渋滞。

車を運転し続け、午後4時前に会場のアミティ丹後に到着。

前日受付を済ませ、峰山のホテルに宿泊。

当日朝3時半頃に網野町のスタート会場入り。

Dvc00022

午前4時30分、約1000人のランナーがアミティ丹後をスタート。

スタートして少し走ると、七竜峠への上り坂へ差し掛かる。

夜明け前の真っ暗な道を黙々と走り続ける。

七竜峠を越え、徐々に明るくなり、走りやすくなってきた。

10km地点を1時間4分ほどで通過。

くみはまSANKAIKANを過ぎ、久美浜湾の周りを一周する。

給水所は5kmおきくらいにあり、しっかり水分補給をしながら走る。

しかし、足は重く、思うようなペースで走れない。

まだ序盤、こんな調子では完走するのは厳しいだろう。

第1関門の30km地点をまずまずのペースで通過。

苦しい走りのまま、再び七竜峠へと向かう。

Dvc00027

ゆっくりとしたペースで坂を上り、峠を越える。

坂を下りきった所で44.6km地点、浅茂川漁港のエイド。

このエイドでは、うどん食べながら少し休憩。

全くペースが上がらないまま走り続け、50km地点を通過。

次の関門は通過できそうだが、相変わらずの苦しい走り。

Dvc00029

あじわいの郷を過ぎ、かなりペースが落ちてきた。

足が思うように動かず、不本意な走りが続く。

第2関門の弥栄庁舎に到着。

このエイドでは、ばら寿司や梨を食べ、少し休憩。

この先は、最大の難所、碇高原への上り。

60kmを過ぎてからの厳しい上り坂では、思うように走れない。

坂の途中から意識が朦朧とし、フラフラと歩く。

歩いているうちに徐々に体が回復するが、次の関門は73.4km地点。

関門突破は時間的にかなり厳しい。

上り坂でペースは上がらないが、とにかく走る。

69.6km地点のエイドに到着。走り続ければ関門に間に合う。

しかし、まだまだ厳しい上り坂が続き、歩きを交えながらの走りになる。

ようやく厳しい上り終わり、関門まで残り2kmほどだろうか。

一か八かで全力で走るが、思うようにスピードが出ない。

関門閉鎖タイムは10時間10分。

残りの距離がわからないが、時計を見ると制限時間まで残りわずか。

関門のエイドが視界に入ってから全力でダッシュ。

しかし、ギリギリ間に合わず。

計測チップを返すよう、スタッフから指示された。

序盤から苦しい走りが続いたが、悔いの残るリタイアとなった。

« ≪大会情報≫第48回愛媛マラソン | トップページ | 第12回村岡ダブルフルウルトラランニング »

コメント

お疲れ様でした。素晴らしいです、感動します。

その場の状況が、生で見ているかのように、伝わってきます。

私、少しでも、この領域に達してみたいなあ。ゆっくり休んでくださいね。

四万十、たかが60kmに、ずっと悩み続けています・・・

G-B-Dさん、こんにちは。
今回も、完走するだけの気力が足りませんでした。
四万十60km、結果を考えずに、まずはスタートラインに立つことが大事です。頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ≪大会情報≫第48回愛媛マラソン | トップページ | 第12回村岡ダブルフルウルトラランニング »