« ≪大会情報≫愛媛マラソン新コース | トップページ | 2009北海道マラソン »

2009年8月 2日 (日)

第16回奥武蔵ウルトラマラソン

第16回奥武蔵ウルトラマラソンに参加。

大会会場は埼玉県毛呂山町の毛呂山総合公園。

奥武蔵グリーンライン、丸山林道などを走る77kmのコース。

かなり厳しいアップダウンが続くコースのようだ。

前日朝に自宅を出発。

車、飛行機、電車、バスを乗り継ぎ、ようやく会場に到着。

前日受付を済ませ、川越市内のホテルに宿泊。

当日朝、始発電車で再び会場へ向かう。

電車を乗り継ぎ、東毛呂駅に到着。シャトルバスで会場に到着。

参加者は1,000人を超えているが、ほとんどが関東のランナーのようだ。

開会式の後、午前7時にスタート。

Okumusashi1

後方からゆっくりとスタートし、1分ほどのロスタイムでスタートゲートを通過。

走ると少し蒸し暑いが、曇り空で走るには良い気象条件。

ランナーの数が多く、最初からゆっくりと走り始める。

制限時間は12時間。

厳しいアップダウンが続くコースを、無事に完走できるのだろうか。

スタートして少し走ると、登り坂に差し掛かる。

Okumusashi2

この先、どんなアップダウンが待ち構えているのだろうか。

5km地点を30分ほどで通過。

アップダウンの続く道を走り続ける。

まだまだ先は長いので、ゆっくりとしたペースで走る。

途中、海宝さんが声援を送ってくれていたので、握手をした。

まだ序盤だが、足が思うように動かない。

やがて雨が降り出した。しかし、雨が降った方が走るには楽だ。

Okumusashi3

鎌北湖を過ぎ、さらに上り坂が続く。

想像以上の上り坂で、全くペースが上がらず、ゆっくりと登る。

25km地点を2時間54分ほどで通過。

エイドは3kmおきくらいにあり、

食べ物や飲み物が豊富に用意されていて、ありがたい。

各エイドで立ち止まり、しっかりと給水、給食をとりながら走る。

Okumusashi4

雨は降り続き、霧で周りの景色も見えない。

30km地点を3時間37分ほどで通過。

厳しい上りが続く前半は、我慢の走りをするしかない。

見晴台のエイドを通過。

天気が良ければ、山の景色を眺められるのだろうか。

しかし、標高が上がるにつれ、霧が深くなる。

景色どころか、前を走るランナーの姿も良く見えない。

Okumusashi5

42.195kmのフルマラソンの距離を、5時間24分ほどで通過。

かなり遅いタイムだが、なんとか完走はできそうなペースだ。

大野峠を越え、折り返し地点まであと3km。

ようやく46.4kmの折り返し地点に到着。

Okumusashi6

ゴールまであと30kmあまり。

徐々にペースを上げながら走り続ける。

真夏の大会で、暑さを覚悟していたが、今日は涼しくて走りやすい。

50km地点を6時間23分で通過。

Okumusashi7

雨脚は強くなり、霧はどんどん濃くなり、

目の前が上り坂なのか下り坂なのかさえわからない。

上り坂では歩きを交えるが、

下り坂では前を行くランナーをどんどん抜きながら走る。

60km地点を7時間36分ほどで通過。

このペースだと10時間を切ることが可能だ。

ここから10時間以内での完走を目標にし、さらにペースを上げる。

Okumusashi8

やがて雨は土砂降りになり、

川のようになった道路を、水しぶきを上げながら突っ走る。

6分/kmを切るペースまで回復し、65km地点を通過。

しかし、まだまだアップダウンは続き、再び少しペースダウン。

70km地点を通過。

急激な下り坂を、スピードを緩めず一気に駆け下りる。

鎌北湖を過ぎ、ゴールまであと少し。

平坦な道を2kmあまり走り、ようやく毛呂山総合公園に戻ってきた。

ゴールゲートが見えてからラストスパートでフィニッシュ。

Okumusashi9

タイムは9時間39分22秒。無事に完走。

初めての参加だったが、楽しく走り切ることができた。

« ≪大会情報≫愛媛マラソン新コース | トップページ | 2009北海道マラソン »

コメント

おはようございます。遠いところまで、遠征なさって、それも、ウルトラ (!)、素晴らしいです~

G-B-Dさん、こんにちは。
遠くまで遠征するからには、長い距離を走らないともったいないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ≪大会情報≫愛媛マラソン新コース | トップページ | 2009北海道マラソン »