« 第8回四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 天橋立 »

2008年9月14日 (日)

第8回丹後ウルトラマラソン

京都府京丹後市で行われた、

第8回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン、60kmの部に出場。

前日に車で現地入りし、会場のアミティ丹後で受付を済ませる。

60kmの部のスタート地点は久美浜カヌー庫前なので、

ゴールのアミティ丹後近くの駐車場に車を置き、列車で移動。

豊岡駅近くのホテルに宿泊し、朝、再び列車で久美浜へ。

朝からよい天気で、予想以上の暑さだ。

ほとんどのランナーがスタート直前まで木陰に退避している。

Tango6

開会式の後、スターターの丸山和也氏の号砲で、

9時30分に60kmの部のランナーがスタート。

ゆっくり走り始めるが、今日も足が重い。

最初の上り坂では、かなりペースを落として走る。

久美浜湾の周囲を走るが、景色はよい。

走りは重いが、最初の5kmを28分ほどで通過。

しかし日差しが強く、ペースはどんどん落ちる。

約5kmごとのエイドで水分補給をするが、

十分に水分を摂取することができていない。

だらだらとした走りで15kmを通過。

Tango4

苦しい走りのまま七竜峠への上り坂を走る。

目標タイムは7時間だが、

思うように体が動かず、とにかく完走を目指すことにする。

まだ時間は十分あるので、上り坂をほとんど歩く。

七竜峠を越え、下り坂で前のランナーを抜きながら走る。

Tango2

しかし相変わらず足が重く、思うように走れない。

20kmを過ぎ、かなり苦しい走りになってきた。

走ったり歩いたりしながら進むが、

25kmを過ぎ、リタイアすることを考え始めた。

かなりペースを落とし、

弥栄庁舎の関門を目指すことにする。

30km手前、あじわいの郷のエイドに到着。

周りのランナーも、かなり苦しそうである。

かなり後方を走っていると思っていたが、

まだまだ後ろから続々とランナーが走ってきている。

後ろのランナーは次の関門に間に合わないだろう。

あじわいの郷を後にし、

相変わらず、のろのろとしたペースで進む。

それでも弥栄庁舎の関門を1分前に通過することができた。

まだ34km付近。しかし、ここがリタイアのしどころ。

ゼッケンをはずし、収容バスに乗った。

予想以上の暑さで、全く思うように走れなかった。

今シーズンのウルトラは、あとは村岡88kmと四万十100km。

次はしっかりと完走を目指したい。

« 第8回四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 天橋立 »

コメント

まずはお疲れ様でした。
丹後半島は学生の時に訪れて以来ですので、
懐かしい思いで拝見させていただきました。
豊岡、久美浜…列車の旅でした。
ウルトラマラソン、
挑戦するその意欲が凄いと思います。
私はまだまだ駆け出しのランナーなので、
ウルトラまではまだまだ
数をこなさないといけないですが、
いつかは挑戦できたらと考えています。
暑さは体力を奪いますよね。
マラソンは冬スポーツということを
改めて思い知らされました。

fujitakaさん、こんばんは。
僕も走り始めて3年目、まだまだ駆け出しのランナーなので、なかなか思うようには走れません。
5月以降失敗レースが続いてますが、これから涼しくなるので、調子を上げていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145963/42492452

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回丹後ウルトラマラソン:

« 第8回四国のてっぺん酸欠マラソン | トップページ | 天橋立 »