« 第31回小豆島オリーブマラソン | トップページ | 第8回天体界道100kmにちなんおろちマラソン »

2008年6月 7日 (土)

第10回しまなみ海道100kmウルトラ遠足

第10回しまなみ海道100kmウルトラ遠足に出場。

福山城をスタートし、今治までの100kmのコース。

テクスポート

前日にゴール会場を訪れると、

すでにゴールゲートの準備ができていた。

今治からバスで福山入りし、福山城近くのホテルに宿泊。

当日朝、中間点行きとゴール地点行きの荷物を預け、

午前4時過ぎにスタート会場の福山城入り。

あたりは真っ暗であったが、徐々に明るくなり始める。

午前5時、約1000人のランナーとともにスタート。

福山城

最初からゆっくりとしたペースで走り始め、

5km地点の最初のエイドに38分ほどで到着。

長丁場になるので、あまりペースを上げずに走り続け、

10km地点の2つ目のエイドに1時間10分ほどで到着。

国道2号線のトンネルをいくつか抜け、

尾道大橋の下の20km地点を2時間20分ほどで通過。

最初の橋尾道大橋は、歩道が狭く、少し走りにくい。

尾道大橋

最初の島、向島に入り、相変わらずゆっくりと走り続ける。

すると前方に、倒れているランナーを発見。

しかし転んだだけのようで、擦り傷はあるが大丈夫そうであった。

持っていた絆創膏を傷の個所に貼ってあげ、先に進む。

向島の2つのエイドを過ぎ、30km地点を3時間40分ほどで通過。

因島大橋

橋への急な階段を上り、因島大橋を渡る。

因島大橋は、上が車道、下が歩行者等の構造になっている。

橋を下り、35km地点、因島のエイドに到着。

ここでは、搾りたてのオレンジジュースのサービスがある。

2つ目の島、因島を走るが、ペースは徐々に落ちてきた。

40km地点を通過後、井口橋を渡り、井口島に到着。

井口島の最初のエイドは民家の前。

さらに走り、ほぼ中間地点、B&G海洋センターにたどり着く。

ここで預けた荷物を受け取り、少し休憩。

このエイドを出て少し走ると50km地点。

50km地点の通過時刻が12時ちょうど。スタートから7時間。

少しペースを上げながら井口島を走る。

55km地点を通過し、サンセットビーチで裸のランナーを発見。

海で泳いだ様子である。

ようやく井口島を走り終え、多々良大橋を渡る。

全長1480mの斜張橋、多々良大橋を渡り、大三島に到着。

無事に地元愛媛に帰ってくることができた。

大三島を走り始めるが、足が動かなくなり、少しペースダウン。

しばらく歩いて足を回復させ、再び走り始める。

そして大三島橋を渡り、伯方島に到着。

伯方島に入ってからは、スピードを上げて走る。

70km地点、伯方SCパークのエイドでは、

到着するランナーの名前を呼んでくれる。

伯方大島大橋を渡り、最後の島、ようやく大島に到着。

75km、宮窪港のエイドを11時間40分ほどで通過。

ここから峠越えの坂になる。

上り坂は歩き、下り坂では必死で走る。

しかし、80km地点を通過し、再び足が動かなくなる。

80km、吉海町バラ公園のエイドを出てから、ペースダウン。

このペースでは制限時間に間に合わない。

ようやく最後の橋、来島海峡大橋が視界に入ってきた。

必死で走り、85km地点を通過。

来島海峡大橋を渡り始めたところで、足が全く動かなくなってきた。

再びペースダウンし、完走は厳しくなってきた。

それでも橋の後半は全力で走り続ける。

しかし、橋を下りる坂で走れなくなる。

橋を下りたところで91.9kmのエイド。

時間的に完走は絶望的である。

ここでリタイアするランナーが数人いた。

一緒にリタイアし、タクシーに乗れる場所まで案内する。

またもや100km完走はならなかった。

こんなはずではなかったのだが・・・。

だが、2週間後に再び100kmマラソン挑戦予定である。

こんな調子で完走できるのだろうか。

« 第31回小豆島オリーブマラソン | トップページ | 第8回天体界道100kmにちなんおろちマラソン »

コメント

お疲れ様でした。
お会いできなかったのが返す返すも残念ですが・・
スタートの画像を見ると僕のすぐ近くにいらっしゃったようですね。

しまなみは僕は初参加でしたが
楽しい旅になりました!
来年も参加するつもりです、一応。

とにかくまずはゆっくり休んで
次の大会に備えてくださいね。

サイダーさんお疲れさまでした。
僕も来年以降もずっと参加するつもりです。
旅人ランナー同士、いつかお会いできると思います。
またよろしくお願いします。

お疲れ様でした。
91.9まで行ったのだったら、そのままゴールを目指せば良かったのに…。
完走証はないけど、ゴールしたという達成感が味わえたはず…。
24時まで待っててくれるという話も聞いたことがあります。
残念でした。
次、頑張りましょうね。
スタート地点まで行く事、これが一番の難関です。

まゆみさん、コメントありがとうございます。
昨年までは24時まで待っててくれるという話を聞いてましたが、今年は待ってくれそうな雰囲気ではなかったです。
年齢的にもタイムを縮めるのは難しいですが、まだまだ挑戦し続けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145963/41468109

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回しまなみ海道100kmウルトラ遠足:

« 第31回小豆島オリーブマラソン | トップページ | 第8回天体界道100kmにちなんおろちマラソン »