« とくしまマラソン2008 | トップページ | 第12回赤穂ウルトラマラソン »

2008年5月 4日 (日)

第20回萩往還マラニック

第20回萩往還マラニック大会、70kmの部に参加。

前日、連休の渋滞の中を車で山口入りし、湯田温泉に宿泊。

70kmの部は、山口市の瑠璃光寺と萩城跡を往復するコース。

35kmの部に続いて、6時30分過ぎに70kmの部がスタート。

萩往還スタート

時差スタートの最終ブロックでスタートした。

初参加なので、どんなコースなのかわからない。

まずは、萩までの往路を無事に走りきることを目標にする。

瑠璃光寺を出て少し走ると、石畳の道に入る。

ここからが萩往還の道である。

そして、山道を登っていくが、険しい登り坂である。

歩いて登るのがやっとで、まさに登山である。

山道を数キロ歩き、舗装道路に出る。

アップダウンが続く道をしばらく走り続けるが、

どれくらいの距離を走っているのか全くわからない。

険しい登りがあれば、急な下り坂もある。

しばらく走ると佐々並エイドに到着。

佐々並

再び険しい山道に入るが、

山の中は涼しく、暑さを感じずに走ることができる。

上りは歩き、下りは転ばないように気をつけながら走る。

やがて、明木エイドに到着。少し休憩。

さらに山の中を走り、萩往還公園に到着。

萩市内を走り、折り返し地点が近づいてくるが、

思うように走れなくなり、走るスピードが落ちてきた。

スタートから4時間50分ほどでようやく萩城跡石彫公園に到着。

5時間以内での折り返しを目標にしていたため、ほぼ予定通りだ。

ここでおにぎり弁当をもらい、昼食をとり、少し休憩。

この時点でかなり体力を消耗している。

復路を無事に走れるのだろうか。

しかし、萩城跡を出発し、来た時よりも早いスピードで走り続け、

再び萩往還公園のエイドに到着。

ここから山道に入るが、往路で通った道なので、

どの程度のアップダウンがあるかを考えて走ることができる。

しかし、残りの距離がどれくらいなのかはほとんどわからない。

萩往還

明木エイドを過ぎ、復路で最も厳しい登り坂に入る。

周りのランナーと抜きつ抜かれつしながら登る。

長い登りが終わり、しばらく走ると佐々並エイドに到着。

制限時間に間に合うかどうか微妙な時間である。

少しでもスピードを上げて走ろうとするが、

体が動かなくなり、なかなか思うように走れない。

ペースを落とし、何とか調子を回復。

ゴールを目指して、再び必死で走り始める。

しかし、残り数キロだが、時間内のゴールは無理である。

まだまだ走れる状態だったが、ここでリタイア。

悔いの残る結果となったが、楽しく走ることができた。

瑠璃光寺

« とくしまマラソン2008 | トップページ | 第12回赤穂ウルトラマラソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145963/41096359

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回萩往還マラニック:

« とくしまマラソン2008 | トップページ | 第12回赤穂ウルトラマラソン »