« 第11回赤穂ウルトラマラソン | トップページ | 第7回八幡浜トレイルランニング »

2007年6月 2日 (土)

第9回しまなみ海道100kmウルトラ遠足

第9回2007年しまなみ海道100kmウルトラ遠足に出場。

福山城から今治城まで、100kmを走るコース。

初の100kmチャレンジで、全く練習もしていない。

1ヶ月間に100km以上走った経験もなく、

どこまで走れるか全くわからない。

前日に、今治からバスで福山に到着。

福山駅前のホテルに宿泊し、当日午前3時に起床。

中間地点行きとゴール地点行きの荷物を預け、

福山城スタート地点の福山城へ。

まだ真っ暗である。

続々とランナーが集まり、

明るくなり始めた午前5時、

福山城をスタート。

天候は曇り。

スピードを抑えて走るが、

序盤の涼しいうちに、

少しでも距離を稼いでおきたい。

トンネルをいくつか抜け、

ようやく尾道に入る。

順調なペースで20km地点を過ぎ、

橋への坂道と階段を上り、最初の橋、尾道大橋を渡る。

向島に入り、ほぼ平坦な道を走り続ける。

早くも足が少し重くなってきたが、予定通りのペース。

30km地点を過ぎた因島大橋への階段は急で、

足への負担が大きい。

なんとか階段を上り切り、因島大橋を渡る。

因島

約35km地点の因島のエイドでは、

搾りたてのオレンジジュースのサービスがある。

因島を走り続け、40km地点のエイドに到着。

40km地点を超え、生口橋を渡り、生口島に入る。

生口橋

徐々に足に痛みが感じられるようになり、スピードが落ちてくるが、

ようやくフルマラソンの距離を超える。

生口島をしばらく走り、ようやく中間地点に到着。

ここまでは、ほぼ予定通りのペースであるが、

50km以上の距離は走ったことがないので、

この先、どれくらいのスピードで走れるのか全く予測できない。

中間地点で、おにぎりなどを食べ、15分ほど休憩。

まだ十分に完走できるペースであるが、

思うように足が動かず、まともに走れなくなってきた。

55.2km地点サンセットビーチのエイドに到着。

生口島の海岸線を走り続け、多田羅大橋が見えてきた。

橋への階段を上り、多田羅大橋を渡る。

多田羅大橋

多田羅大橋を渡り切り、大三島に入る。

ようやく愛媛県に戻ってきた。

残り約40kmだが、走っても歩いてもほとんど同じペースである。

しかし、今のペースで行けば時間内のゴールは可能である。

大三島を走り切り、大三島橋を渡り、伯方島へ入る。

伯方島に入った所で66kmのエイドに到着。

下り坂では走れない状態になり、早足で歩く。

まだ時間は十分あるので、歩いてでも今治までたどり着きたい。

伯方島をしばらく走り、70km地点、伯方SCパークのエイドに到着。

到着するランナーの名前を呼んでくれる、名物のエイドである。

残り時間を考え、水分補給だけをして、すぐにエイドを後にする。

伯方島を後にし、伯方大島大橋を渡る。

ようやく最後の島、大島に到着。

だが、足の痛みが増し、走るどころか歩くのも困難になってきた。

ここまで完走ペースで来たが、急激にペースダウン。

制限時間まであと4時間で、残りの距離は25km。

普通の状態であれば、余裕で走り切ることができる。

しかし、今の状態では、ほとんど不可能である。

時間オーバーをしてでも、ゴールにたどり着きたいが、

次のエイドまで歩くことすら厳しい状態だ。

ついに75km地点でリタイアを決意。

75.6km大島、宮窪港前のエイドに到着。

ここで無念のリタイア。

近くのバス停から路線バスに乗り、今治に到着。

100km完走は次回以降に持ち越しとなった。

まだまだ力不足であるが、

楽しく走ることができた。

« 第11回赤穂ウルトラマラソン | トップページ | 第7回八幡浜トレイルランニング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第11回赤穂ウルトラマラソン | トップページ | 第7回八幡浜トレイルランニング »